Google 検索

2008年11月17日

意外に知られていない「正しいマスクの使い方」


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
92017s1.jpg

 新型インフルエンザ流行の可能性が報じられるようになり、ガウン、手袋など医療機関向けの感染防護具が注目を集めているが、流行時に最も多く利用されるのは、比較的安価で実用性の高い「N95マスク」だといわれている。しかし、医療機関で働く人の間でも、マスクの正しい使い方は意外に知られていない。また、「N95マスクさえ着けていれば感染を防げる」と過信している人も少なくないという。北里大医学部の和田耕治助教と労働科学研究所の吉川徹副所長に、新型インフル対策のための正しいマスクの選び方、使い方、注意点について聞いた。

■医療者も誤解する「N95マスク

 医療者の間でもN95マスクについて誤解している人は少なくない。和田助教は、「N95というのはフィルタの性能の規格であって、マスクの形状や種類を指すものではない」と説明する。インフルエンザウイルスの大きさは0.1μm(マイクロメートル、マイクロは100万分の1)と小さいが、通常は唾液など液体の飛沫と一緒に飛散する。飛沫の大きさは5μm程度で、市販されている不織布マスクでも捕捉可能だ。だが、たとえN95マスクを装着していても、マスクと顔に少しでもすき間があって空気が漏れていれば、「ウイルスを含んだ飛沫を吸い込む危険性が高まる」と、和田助教は指摘する。
 吉川副所長は「マスク上部の鼻の付け根の部分からの空気漏れが多い」と注意を促している。あごひげが伸びている場合も、下の部分にすき間ができやすいという。
一言でN95マスクといっても形状はさまざま。接顔クッション付き、呼気弁付き、備蓄しやすい折りたたみ式など400種類以上もある。医療機関によっては 1種類しかマスクが準備されていないところもあるが、吉川副所長は「流行時に備えて、いろいろなマスクを試してみて、自分の顔に合った形状、サイズのマスクを見つけておくことが大切だ」と強調する。
 吉川副所長によると、日本人が使用する場合、国内で製造されたものが望ましいという。「日本人向けの製品は顔にフィットしやすく、密閉性も高まりやすい。また、新型インフルが流行した場合、海外からの物流が止まり、海外のマスクが入ってこない場合もある。その点でも、国内産マスクで自分に合うものを探しておいた方がよい」。
 マスクから空気が漏れているかどうかは、フードをかぶってサッカリンなど人工甘味料を吹き掛けて試す方法と、漏れ率を数値で計測できるフィッティングテスターを使う方法がある。

■ユーザーシールチェックも欠かさずに

 感染リスクを減らすためにはユーザーシールチェックも重要だ。ユーザーシールチェックとは、装着するたびにマスクの密閉具合を確認すること。両手でマスクを完全に覆うようにしてゆっくりと長く息を吐く。マスクの周囲から息が漏れていなければ、正しく着用できていると判断してよい。息が漏れている場合は密閉性が十分ではないので、再度正しく着用し、ゴムひもの調整などを行う。
 また、備蓄されているマスクを使用する際は、有効期限などを確認することも大切だという。吉川副所長は「古いマスクはゴムひもの部分が劣化していることがあるので、気を付けてほしい」と話している。

抜粋 医療介護CBニュース

・コメント
 マスクには大きくガーゼ、不織布があります。ガーゼは通気性がよく呼吸がしやすいですが、布であるため繊維がほぐれて飛散することは避けられません。インフルエンザがかかったときなどには不適です。温かく喉の湿度を保てるため風邪を引いたとき、また冬の乾燥期に喉をいたわり風邪を予防したときには効果的です。
 
 不織布を用いたマスクは現在の主流となっています。医療現場で用いるものというイメージが強かったせいか、つい数年前まではそれを用いる人は多くありませんでした。
 
 実験により、防塵性能が以外に安価な使い捨て不織布マスクがいちばんよかったとのことが示されており、N95マスクが急速に普及しています。最近は通気性のわるいものも減少してきており使い勝手が急速に改善されています。

 他人に伝染させないためにエチケットとしてだけでなく、風邪予防にも効果的なマスクをお出かけの際お忘れなく。続きを読む
タグ:N95マスク

posted by kei at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月13日

グーグル、インフルエンザ流行探知サービス開始


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


米インターネット検索大手グーグル(Google)は12日、グーグルで検索された語句の情報から、米国国内のインフルエンザの流行状況を探知する新サービス「Google Flu Trends」を開始した。

Google Flu Trends」は、グーグルの検索サイトで入力された「fluインフルエンザ)」に関連した語句の数を計算し、米50州におけるインフルエンザ流行の推計を提供する。

 グーグルは、公式ブログで「これらの語句が検索される頻度と、インフルエンザのような症状を起こしている人の数との間に密接な関係があることを発見した」と述べた。

 独自にインフルエンザの調査を行っている米ジョージア(Georgia)州アトランタ(Atlanta)の米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)と調査結果を共有した結果、「検索語句に基づいたインフルエンザの推計とCDCの監視結果との間に強い相関性があることが見つかった」と述べた。

 グーグルは、「インフルエンザの推計を毎日提供することで、Google Flu Trendsはインフルエンザの流行に対する早期警戒システムとなるかもしれない」とした。

 グーグルは、「Google Flu Trends」について「まだかなりの実験段階にある」と忠告しながらも、今後はインフルエンザ以外の病気の流行に対しても有効なツールとなる可能性もあるとした。

・コメント
 すごい技術ですね。検索サービスは統計を取るのに適していると思います。こういった使い方ができるとは、ますます発展性を感じます。

 現在Flu Trendsの対象となっているのは米国のみです。全米または州ごとの流行状況を折れ線グラフとマップを通じて確認ようになっています。

 折れ線グラフには過去数年のデータも記されており、今年の流行の規模を一目で把握できる。数値データのダウンロード入手も可能で、予防接種を受けられる場所を検索するツール、インフルエンザ関連のニュース、CDCの情報へのリンクなども提供されています。

 細部の地域の情報の共有は、各人の協力によるところが大きいと思います。誤情報や情報操作のフィルタをいかにかけられるかが課題ですが乗り越えてくれると信じています。

参考 Google Flu Trends

posted by kei at 12:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

シックハウス症候群を防げるか、近畿大・京大が有毒物質を吸収する植物を開発


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


 鉢植え植物は、部屋を明るくしてくれるだけではなく、将来的には有毒ガスを吸収して「シックハウス症候群」を防いでくれるかもしれない。泉井桂(Katsura Izui)近畿大学(Kinki University)教授と阪井康能(Yasuyoshi Sakai)京都大学(Kyoto University)教授らが、ホルムアルデヒドを吸収する植物をこのほど開発した。

 ホルムアルデヒドは、建材の接着剤に使用される化学物質で、頭痛やめまいといったシックハウス症候群の原因物質と考えられている。

 研究チームは、ホルムアルデヒドを栄養源とするメチロトローフと呼ばれる細菌に注目し、この細菌が持つ2種類の遺伝子を、実験植物に使われるシロイヌナズナとタバコに組み込んだ。

 このシロイヌナズナと野生種を4週間、高濃度のホルムアルデヒドが入った容器の中で栽培すると、野生種はすべて枯れたのに対し、遺伝子を組み換えた方は生き残った。容器内のホルムアルデヒドの濃度も、野生種に比べて10分の1程度に減っていた。

 タバコでも、同様の結果が得られたという。

 泉井教授は、こうした結果について、土壌として使用した寒天もホルムアルデヒドを吸収した可能性を指摘した。将来的には、この手法を一般的な観葉植物に応用したい考えだ。

・コメント
 近年、外断熱や省エネ住宅ということで、住宅を高気密化するために、化学的な建材や内装材を使用する例が増えてきています。そのため、新築や改築後の住宅などで、室内空気汚染などがあり、居住者に様々な体調不良が生じていることが数多く報告されています。

 事前に建築、改築を行っているところに足を運び、チェックすることが大切ですが、新築住宅に入居する場合は、約3ヶ月後まてばかなりのホルムアルデヒドとトルエンの濃度が減少することが調査により分かっています。もちろん、その間こまめに換気をすることが必要です。

 室内のホルムアルデヒド濃度は、温度・湿度が高くなると上昇します。夏場はもちろんですが、冬に長時間締め切った状態で暖房をしていると発散しやすいそうです。

 いずれにせよ、換気をしっかり行えばかなり減少させられます。こういったシックハウス症候群の原因となる物質を吸収する鉢植え植物も利用して快適な環境で過ごしたいですね。


続きを読む

posted by kei at 11:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

中国、「ネット中毒」を精神疾患として認める見通し


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


中国は世界で初めてインターネット中毒を医学的疾患として認める見通しになった。国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が10日報じた。

 中国の衛生省は来年、ネット中毒をギャンブルやアルコールへの依存症に類似した疾患だとする新たな診断マニュアルを採用する見通しだという。

 中国の公式発表ではネット利用者は世界最大の2億5300万人で、所得水準の上昇とともにその数も増えている。国営メディアが8月にある議員の話として報じたところによると、18歳以下の中国のネットユーザーの約1割に当たる約400万人が主に「不健全な」オンラインゲームによるネット中毒に陥っているという。

・コメント
 ネット中毒は、日本にも沢山居ると思います。つながっていないと気がすまないなら、携帯中毒もここに該当すると思います。ほとんどの中高生がこれに該当すると思います。また、成人しても会社から携帯を渡され縛られている人もそうです。

 しかし、ここには沢山のバーチャルな世界があり、現実の世界とパラレルでつながっていると考えると、中毒というよりより電子的なやりとりで、しがらみの無い便利な世界への移行を望んでいるという中国国民の表れなのかもしれませんね。

 一概に不健全と決め付けるのは良くないと思います。ここにビジネスを展開している人もいることですし、ネットで情報の行き来が盛んになり、生活が豊かになっていることは間違いないのですから。


続きを読む
タグ:ネット中毒

posted by kei at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月09日

欧米で流行の断食デトックス、健康面での効果のほどは?


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


米国西海岸からタイまで、世界各地の豪華リゾート地では、体内から有毒物質を排出する「デトックス」効果をうたった断食コースが健康志向の観光客の間で大人気だ。一方で、断食による健康面でのデトックス効果を疑問視する声もあがっている。
 
 イスラム教の断食月「ラマダン(Ramadan)」、ユダヤ教の「ヨム・キプール(大贖罪日、Yom Kippur)」など、宗教による断食は古くから行われてきた。こうした宗教探求的な修行の一環としての断食行為には一理あるというのが、栄養学専門家のジャンクロード・メルシオール(Jean-Claude Melchior)さんの意見だ。だが、営利目的で絶食を強いる現代の「断食デトックス」ブームには、倫理面から疑問を投げかけている。

 欧州で流行している低下価格の断食コースは、水以外は何も口にしない完全絶食ではなく、フルーツジュースや野菜スープのみを摂取するものが多い。こうした断食には医師の管理が不要なため、営業的に提供が容易という事情もある。だが、1日の食事が野菜スープ一杯や水で薄めたフルーツジュースだけでは、必要な栄養摂取量をとうてい満たすことはできない。こんな方法が、果たして本当に健康的と言えるのだろうか?

断食には多くの良い効果がある」と、宿泊が必要なタラソテラピー・コースにとって代わる日帰り「自己改造」コースを提供するエイドリアン・レイゲイド(Adrien Reygade)さんは主張する。レイゲイドさんを始め、多くの断食セラピーのエキスパートが語る断食効果のキーワードは「デトックス解毒作用)」だ。

 だがメルシオールさんは、こうした主張には懐疑的だ。断食のデトックス効果は証明されていないうえ、栄養摂取の調節機能のバランスを乱しかねないなど、むしろ有害である可能性が高いと指摘する。

 現在、欧州では断食と並行してトレッキング(山歩き)を行うプログラムが流行中だが、これについてもメルシオールさんは低血糖を発症する恐れが高いと警鐘を鳴らす。12時間近く絶食した場合、肝臓内のグリコーゲン(体内に蓄えられた糖質)を消費し尽くし、血液中の糖分濃度が著しく低下する。これにより、低血糖の危険を察知した筋肉や脳などの臓器は必死に糖分を取り入れようとするため急激に血糖値が上昇してしまう。

 しかし、「トレッキングにはデトックス効果があるし、危険もない。軍隊での訓練とは違う」と、フランスで「断食とトレッキング・プログラム」を提供する自然療法士のダニエル・カザール(Daniele Cazal)さんは反論する。「トレッキングでは、例えば、美しい郊外の景色を楽しむことなどで、食べ物に頼らずに空腹を満たすことができる」

 一方、フランスでの「断食ブーム」仕掛け人の一人、デジレ・メリアン(Desire Merien)さんは、「どこにも過激な自然健康法に走る人間はいるものだ」と述べ、こうしたプログラムの提供者は、断食が行き過ぎないよう配慮する必要があるとの意見だ。
 
 いずれにしても、断食コースは日常生活における不摂生の改善にはならないという点では、栄養学者も自然療法士も一致している。

・コメント
 断食によるデトックスですが、効果のほどは賛否両論ですね。
 低カロリーで生活することは、寿命を延ばすというレポートもありますし、食べたい衝動を抑えて無理するより、結局カロリーを少しずつ減らして、軽い運動するほうが長続きしそうです。

 ダイエット成功者をみていると、皆同じことをいっています。ダイエットはマラソンみたいなもので、最初からペースを上げると走りきれません。ペースを守って、淡々と行っていくのが完走の秘訣です。体重も徐々に増えていったように、徐々に減らしていくしかなさそうです。

 自然の中で野山を駆け回って運動するトレッキングはよさそうですね。空気も美味しそうですし、デトックス効果もありそうです。気分転換にもよさそうなので、今度の休みにでも行ってみようと思います♪。


続きを読む
タグ:デトックス

posted by kei at 05:45 | Comment(1) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。