Google 検索

2008年11月26日

インクジェットプリンター使ったカスタムメイド人工骨、臨床試験段階へ


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


インクジェットプリンターを使って作る世界初のカスタムメイド人工骨が、日本各地の病院で臨床試験段階に入っている。成功後は、事故で欠損した骨を、数時間以内で人工的に作製することが可能になるという。

 この人工骨「CT-Bone」は、株式会社ネクスト21(Next 21、本社:東京)が、東京大学の高戸毅(Tsuyoshi Takato)教授率いる同大学医学部附属病院の研究チームと共同で開発したもの。骨の成分であるリン酸カルシウムの粉末などを素材に、コンピューター断層撮影法(CT)の画像データに基づいて患者にフィットした人工骨を作製する。インクジェット・プリンターを使って厚さ0.1ミリメートルで素材を噴射することで、どんな複雑な形状にも再現できるという。人工骨の適用は現在、体重がかからない頭部に限定されている。

 骨が欠損した場合、骨を移植するかセラミックで欠損部分を補うのが一般的な治療法だった。
 
 臨床試験は、10か所の病院で、成人計70人を対象に2年間にわたり実施される予定で、3-4年以内の実用化が期待されている。

・コメント
 人工骨サラサラした砂に水をたらすと、水がしみこんだ部分だけは手で持ち上げられる程度に固まるという原理で、人間の骨の主成分と同じリン酸カルシウムを固めるという技術です。

 このやり方なら、かなり複雑な形の人工骨を30分から1時間で人工骨が出来るそうです。いままでは、手術時に医師が手作業で削って調整をする必要があり、手術時間が長くかかっていました。

 このような技術は医療業界にも朗報です。医師の負担を軽くするには医療技術の開発が欠かせません。何も医師の給料を手当てするだけが国の策ではないはずです。いかにして医療を効率よく行えるかが問題なのだと思います。続きを読む
タグ:人工骨

posted by kei at 05:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月25日

冬の食卓、主役は蒸し料理 油使わずヘルシー、調理器が相次ぎ登場


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


寒い季節の食卓の主役といえば、鍋料理。しかし、今年は「蒸し料理」が、その座を奪う勢いだ。都内を中心に専門店がオープンする一方、蒸し調理器が続々お目見えし、家庭料理としても浸透しつつある。(榊聡美)

 ≪増えるバリエーション≫

 東京・銀座の人気スポット、マロニエゲートに入る東急ハンズ銀座店では20日、形も材質もさまざまな蒸し調理器を集めたコーナーが登場した。「せいろなどは冬の時期によく売れますが、今年の人気ぶりは特別ですね。蒸し料理は油を使わないのでヘルシーですし、野菜などの本来のおいしさが味わえる、と特に女性に好評です」と話すのは、キッチンフロア担当の内藤慶子さん。

 同店では約20アイテムがそろい、杉製のせいろや、大きさが変えられるステンレス製蒸し器といった定番商品に加え、ユニークなデザインの商品が人目を引く。

 魔法のつぼのようにも見えるタジン鍋は、モロッコの代表的な家庭料理のタジンを作る際に用いる土鍋。鍋に野菜や肉などをピラミッド状に積み上げ、大きな円錐(えんすい)形のふたをして加熱する。油はもちろん、水も不要。ふたの上部に上がってきた蒸気を中に戻して、食材の水分を逃さず、ゆっくりとまんべんなく熱を伝える。

 ≪火を使わず手軽に≫

 電子レンジ対応の便利グッズも、種類が充実している。人気が高いのは、鮮やかなオレンジ色をしたルクエ社(スペイン)の「スチームケース」。独自のプラチナ・シリコン製で、ふたが一体になったお弁当箱のような形をしている。耐熱温度がマイナス60度から260度まで対応できるため、冷蔵・冷凍庫で保存もできる。

 また、伊賀焼(三重県)の「陶珍菜」は、すのこに食材をのせ、吸水させたドーム形のふたをしてレンジにかけると、陶器に含まれる水分が温められて内部に熱蒸気が発生する仕組みになっている。

 いずれの調理器も、見た目がおしゃれで、加熱後はそのまま食卓にのせられるのが魅力だ。

 また、電子レンジやホットプレートなど蒸し機能が付いた商品が増えている家電にも、専用調理器が登場した。10月に発売されたティファール(フランス)の電気蒸し器「スチームクッカー」は、「予想を上回る反響」(販売元のグループセブジャパンマーケティング部)だという。

 本体に水を入れ、バスケットに食材を並べて、タイマーをセットするだけという簡単さが売り物で、付きっきりにならずに済むし、小さな子供がいても安心という声が多いとか。

 ≪メタボやダイエットに≫

 「蒸し調理はメタボが気になる人やダイエット中の人にお勧め。栄養、食感、味のそれぞれに利点があります」と、管理栄養士の山内寿子さんは説明する。

 野菜などに含まれるビタミンCは水溶性で熱に弱く、ゆでると流失してしまうが、蒸すとそれを防ぐことができる。グループセブジャパンがブロッコリーのビタミンC残存率を調べたところ、ゆでた後は58%だったが、蒸した場合は84%と高い数値を示した。

 水分が逃げないのでふっくら柔らかく仕上がるし、素材のうまみや香りも保つことができる。山内さんは、これからおいしくなる大根やカブ、サトイモなど冬野菜の蒸し物がイチ押しという。

 景気の低迷や食品の値上がりによる“内食”傾向の高まりで、蒸し調理器の出番はぐっと増えそうだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081123-00000549-san-soci

・コメント
 蒸し料理には色々あります。新米をはじめ、秋刀魚に秋鮭、松茸に栗、里芋、サツマイモ等など。これからの冷え込む時期に向けて、栄養価が高い旬の食材を全部蒸してしまいましょう。

 素材のうま味を封じ込め、栄養価も逃さない蒸し料理は、それこそダイエットにもおすすめな調理法です。蒸し料理は、油を使わずカロリー抑え目、食材の栄養も損なわず美容と健康にぴったりな食事です。

 昔は、どこの家庭にも蒸し器があったものですが、食生活の変化とともに失われてきました。しかし最近、各メーカーから進化した蒸し器が続々と発売されています。

 今年の秋冬は、いろいろな蒸し料理にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

続きを読む

posted by kei at 05:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

ケータイで「うつ度診断」が可能に、慶大・大野教授監修


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


携帯電話用ウェブサイトを利用したモバイル版うつ度診断サービスが、19日からスタートした。監修を務めるのは、日本の認知心理学における第一人者で、雅子妃の主治医を務めていることでも知られる、慶応大(Keio University)大野裕(Yutaka Ohno)教授(認知心理学)。同教授によると、ウェブベースのこのようなサービスは世界初という。

 携帯電話を使えば誰でも利用が可能。インタラクティブ方式で、睡眠や食生活、体重の変化、情緒の安定などに関する質問に答えると、認知心理学に基づいて現在のうつ度が診断される。

 コンテンツは、うつ症状の診断のほかにも、否定的な考え方を変える方法、気持ちを軽くする対処法など、7つの項目が用意されている。その一方で、「本サービスは治療を目的としたものではないため、軽度以上のうつと診断された場合は、医師の診察を受けることをおすすめします」といった但し書きがついている。

 うつの治療を受けている日本人は90万人程度にのぼるが、うつ病患者は実際にはこれよりもはるかに多いとされる。日本の自殺者数は世界最多の水準で、 2007年の自殺者数は3万人を超えている。日本政府は約10年前から自殺者対策に取り組んでいるが、心理療法は国内ではあまり浸透していない。

 大野教授はその理由として、病院は臨床治療に重点を置いていること、心理療法が保健適用外であること、心理療法の専門家や医師が不足していることを挙げている。

・コメント
 近年うつ病は増加の傾向にあり、会社でもうつ病が原因で休職する社員が増加しています。携帯電話用ウェブサイトを利用したモバイル版うつ度診断サービスが提供さました。うつ病患者は確認されているだけで世界のうつ病患者の数は約1億2000万人とされています。潜在的にはもっと多いそうです。

 気になる内容ですがm睡眠や食生活、体重の変化、情緒の安定など質問が用意されていました。それぞれ、4つの選択肢から当てはまるものを1つ選んでチェックするだけなので簡単です。現在のうつ度が診断されます。

 うつ症状の診断のほかにも、否定的な考え方を変える方法、気持ちを軽くする対処法などもありました。早期発見早期対処がうつ病の基本です。ストレス社会において、こういった手軽にできるチェッカーの役割は大きいと思います。

参考 (携帯)http://cbtjp.com/

続きを読む
タグ:うつ度診断

posted by kei at 10:41 | Comment(3) | TrackBack(0) | 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

貧困層を対象に無料美容治療、ブラジル


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


年間を通しビーチが楽しめ世界で最も魅惑的な都市の1つとされる、ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)では、あるプログラムのおかげで「パーフェクト・ボディ」を求める動きが貧しい人びとの間でも広まっている。

 この1週間ほぼ毎日、市街地を取り囲むように広がるスラム街からやってきた貧しい人びとが、ある革新的な医療施設の前に行列をつくっている。普通なら食べ物を手に入れることや職を見つけることを考えているはずの人びとの夢をかなえてくれるこの医療施設は、貧しい人びとに無料で美容治療を施してくれる。

 この医療施設では、1か月500レアル(約2万1000円)もしくはそれ以下、つまり1日あたり7ドル(約680円)しか収入がないことを証明すれば、しわ除去用薬剤「ボトックス(Botox)」やレーザー脱毛が簡単に受けることができる。

 唯一の難点は、ただでさえ少ない賃金をあきらめて、この手術を受けるために数時間、列に並んで待たなければならないことだ。毎日、午前8時から正午までに200枚の整理券が配布される。詰めかけた人びとの圧倒的大多数は女性だ。

 このプログラムは、ブラジル人形成外科医のIvo Pitanguy氏(82)によって始められたもの。Pitanguy氏は20世紀の形成外科の分野の第一人者として知られる。Pitanguy氏のスタッフや医学生らは週に1度、公共病院Santa Casa de Rioで貧しい人びとに対し、数十件に上る美容整形手術を施しているという。

・コメント
 無料で美容整形を受けたいということで需要と供給が一致しているのでしょうか。医学生やスタッフの育成にこのような場が提供されていると考えられなくもありません。
 医療技術は、こなした患者の数に比例して伸びるとも言われています。無料なら医療訴訟の心配も少ないでしょうし、双方にとってメリットがあると思います。ただし倫理的な問題が伴うような気がしないでもありません。

続きを読む

posted by kei at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

都のNICU満床 原因に周辺自治体から患者流入 広域的連携が必要


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
nicu.jpg

 東京都で相次ぎ発覚した妊婦の救急受け入れ拒否問題で、都内の産科救急施設の救急ベッドの恒常的な満床原因に、埼玉、千葉、神奈川県といった周辺自治体から患者が流入している実態があることが分かった。自治体ごとに産科救急施設の整備状況に大きな差があり、都心への流入が起きているとみられる。医療関係者らは、都県の枠を超えた仕組み作りの必要性を指摘している。

 問題になっている受け入れ拒否のケースで、病院側は「医師が別の出産に対応している」ことや「NICU(新生児集中治療室)が満床になっている」ことなどを理由にしていた。

 NICUなど高度な医療設備を持つ総合周産期母子医療センターは東京都の9施設に対し、神奈川県4、千葉県2、埼玉県1。東京では136万人当たりに1施設なのに対し、神奈川県218万人、千葉県302万人、埼玉県704万人とばらつきがあった。

 埼玉県唯一のセンターである埼玉医科大総合周産期母子医療センター(川越市)は、平成19年度に約500件の妊婦の母体搬送要請があったが、約200件しか対応できなかった。残る300件の多くが都内に搬送されたとみられる。県の周産期医療部会によると、県にNICUは83床あるが都の約3分の1。田村正徳センター長は「依頼数は受け入れ能力を完全に超えている。埼玉は都におんぶにだっこで何とかやりくりしている」という。

 4つのセンターがある神奈川県でも、県外病院に妊婦搬送するケースは少なくない。県によると、18年度の県外搬送事例は103件。全搬送件数の約1割に当たる。県外搬送の約8割が都内に搬送されているという。

 千葉県でも事態は同様。「東京東部に位置する都立墨東病院(墨田区)が、千葉県の妊婦の救急搬送の重要な受け入れ先になっている」と指摘する医療関係者は多い。

 周辺自治体でも総合周産期母子医療センターの整備構想はあるが、産科医不足が原因で実現しない状況だ。埼玉県では自治医科大学付属さいたま医療センター(さいたま市)で施設を整備したが、医師不足のため機能していない。

 医療関係者からは、立て続けに発覚した搬送拒否問題を受け、都の病院が周辺自治体からの搬送受け入れのハードルを高くすることへの懸念も出始めている。

 北里大の海野信也教授(産婦人科学)は「首都圏は1つの医療圏として考えねばならない」と指摘。田村センター長は「墨東病院は埼玉も頼みの綱だった。近隣都県と情報共有できる仕組みを作るなど周産期救急は広域的な連携が必要な時期にきている」と話している。

抜粋 産経新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081120-00000599-san-soci

・コメント
 NICUは、赤ちゃんのICU(集中管理治療室)です。現在NICU のある病院は限られてます。そのため近くにNICUの無い病院や産院からも多くの赤ちゃんが送られてきます。

 自治体によって、NICUのある病院の数はそれぞれですが、東京のように同じくらいの規模のNICUをもつ病院が相互にネットワークしている地域もありますが、県によってはその整備が不十分な地域もあり、現在都心部に依存しているのが実情のようです。

 NIUCをもつ病院が都心部だけでなく、より大きいネットワークをつくり、どこの病院のベッドが空いているのかなど情報を交換し、対応できるように考えなければなりません。

 医療関係者の努力もあり、乳児の死亡率は低水準のままです。しかし少子化を迎える今後において水準を維持するためには、施設や情報管理システムを整備しなければなりません。

 医療が円滑に効率良く行われるように外側からサポートするサービスが必要ではないでしょうか。続きを読む
タグ:NICU

posted by kei at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。