Google 検索

2008年12月09日

研修医278人が違法アルバイト、厚労省が全国調査


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


大学卒業後の初期研修中に違法なアルバイト診療をしていた研修医が、臨床研修制度が義務化された2004年度から昨年度までに、研修医の所属する61病院、278人に上っていたことが8日、厚生労働省の調べで明らかになった。

続きを読む
タグ:研修医

posted by kei at 17:52 | Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月29日

<生殖細胞>ESやiPS細胞からの作成を容認 文科省部会


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
20071122-ips.png

文部科学省の作業部会は27日、あらゆる細胞になるヒトの胚(はい)性幹細胞ES細胞)や人工多能性幹細胞iPS細胞)から、精子や卵子などの生殖細胞を作ることを容認することで合意した。ただし、作成した生殖細胞から受精卵を作ることは引き続き禁止した。不妊治療や先天性難病の原因解明に役立つと期待される。



続きを読む

posted by kei at 14:56 | Comment(0) | TrackBack(1) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月26日

インクジェットプリンター使ったカスタムメイド人工骨、臨床試験段階へ


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


インクジェットプリンターを使って作る世界初のカスタムメイド人工骨が、日本各地の病院で臨床試験段階に入っている。成功後は、事故で欠損した骨を、数時間以内で人工的に作製することが可能になるという。

 この人工骨「CT-Bone」は、株式会社ネクスト21(Next 21、本社:東京)が、東京大学の高戸毅(Tsuyoshi Takato)教授率いる同大学医学部附属病院の研究チームと共同で開発したもの。骨の成分であるリン酸カルシウムの粉末などを素材に、コンピューター断層撮影法(CT)の画像データに基づいて患者にフィットした人工骨を作製する。インクジェット・プリンターを使って厚さ0.1ミリメートルで素材を噴射することで、どんな複雑な形状にも再現できるという。人工骨の適用は現在、体重がかからない頭部に限定されている。

 骨が欠損した場合、骨を移植するかセラミックで欠損部分を補うのが一般的な治療法だった。
 
 臨床試験は、10か所の病院で、成人計70人を対象に2年間にわたり実施される予定で、3-4年以内の実用化が期待されている。

・コメント
 人工骨サラサラした砂に水をたらすと、水がしみこんだ部分だけは手で持ち上げられる程度に固まるという原理で、人間の骨の主成分と同じリン酸カルシウムを固めるという技術です。

 このやり方なら、かなり複雑な形の人工骨を30分から1時間で人工骨が出来るそうです。いままでは、手術時に医師が手作業で削って調整をする必要があり、手術時間が長くかかっていました。

 このような技術は医療業界にも朗報です。医師の負担を軽くするには医療技術の開発が欠かせません。何も医師の給料を手当てするだけが国の策ではないはずです。いかにして医療を効率よく行えるかが問題なのだと思います。続きを読む
タグ:人工骨

posted by kei at 05:23 | Comment(1) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月21日

貧困層を対象に無料美容治療、ブラジル


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


年間を通しビーチが楽しめ世界で最も魅惑的な都市の1つとされる、ブラジル・リオデジャネイロ(Rio de Janeiro)では、あるプログラムのおかげで「パーフェクト・ボディ」を求める動きが貧しい人びとの間でも広まっている。

 この1週間ほぼ毎日、市街地を取り囲むように広がるスラム街からやってきた貧しい人びとが、ある革新的な医療施設の前に行列をつくっている。普通なら食べ物を手に入れることや職を見つけることを考えているはずの人びとの夢をかなえてくれるこの医療施設は、貧しい人びとに無料で美容治療を施してくれる。

 この医療施設では、1か月500レアル(約2万1000円)もしくはそれ以下、つまり1日あたり7ドル(約680円)しか収入がないことを証明すれば、しわ除去用薬剤「ボトックス(Botox)」やレーザー脱毛が簡単に受けることができる。

 唯一の難点は、ただでさえ少ない賃金をあきらめて、この手術を受けるために数時間、列に並んで待たなければならないことだ。毎日、午前8時から正午までに200枚の整理券が配布される。詰めかけた人びとの圧倒的大多数は女性だ。

 このプログラムは、ブラジル人形成外科医のIvo Pitanguy氏(82)によって始められたもの。Pitanguy氏は20世紀の形成外科の分野の第一人者として知られる。Pitanguy氏のスタッフや医学生らは週に1度、公共病院Santa Casa de Rioで貧しい人びとに対し、数十件に上る美容整形手術を施しているという。

・コメント
 無料で美容整形を受けたいということで需要と供給が一致しているのでしょうか。医学生やスタッフの育成にこのような場が提供されていると考えられなくもありません。
 医療技術は、こなした患者の数に比例して伸びるとも言われています。無料なら医療訴訟の心配も少ないでしょうし、双方にとってメリットがあると思います。ただし倫理的な問題が伴うような気がしないでもありません。

続きを読む

posted by kei at 10:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月18日

都のNICU満床 原因に周辺自治体から患者流入 広域的連携が必要


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
nicu.jpg

 東京都で相次ぎ発覚した妊婦の救急受け入れ拒否問題で、都内の産科救急施設の救急ベッドの恒常的な満床原因に、埼玉、千葉、神奈川県といった周辺自治体から患者が流入している実態があることが分かった。自治体ごとに産科救急施設の整備状況に大きな差があり、都心への流入が起きているとみられる。医療関係者らは、都県の枠を超えた仕組み作りの必要性を指摘している。

 問題になっている受け入れ拒否のケースで、病院側は「医師が別の出産に対応している」ことや「NICU(新生児集中治療室)が満床になっている」ことなどを理由にしていた。

 NICUなど高度な医療設備を持つ総合周産期母子医療センターは東京都の9施設に対し、神奈川県4、千葉県2、埼玉県1。東京では136万人当たりに1施設なのに対し、神奈川県218万人、千葉県302万人、埼玉県704万人とばらつきがあった。

 埼玉県唯一のセンターである埼玉医科大総合周産期母子医療センター(川越市)は、平成19年度に約500件の妊婦の母体搬送要請があったが、約200件しか対応できなかった。残る300件の多くが都内に搬送されたとみられる。県の周産期医療部会によると、県にNICUは83床あるが都の約3分の1。田村正徳センター長は「依頼数は受け入れ能力を完全に超えている。埼玉は都におんぶにだっこで何とかやりくりしている」という。

 4つのセンターがある神奈川県でも、県外病院に妊婦搬送するケースは少なくない。県によると、18年度の県外搬送事例は103件。全搬送件数の約1割に当たる。県外搬送の約8割が都内に搬送されているという。

 千葉県でも事態は同様。「東京東部に位置する都立墨東病院(墨田区)が、千葉県の妊婦の救急搬送の重要な受け入れ先になっている」と指摘する医療関係者は多い。

 周辺自治体でも総合周産期母子医療センターの整備構想はあるが、産科医不足が原因で実現しない状況だ。埼玉県では自治医科大学付属さいたま医療センター(さいたま市)で施設を整備したが、医師不足のため機能していない。

 医療関係者からは、立て続けに発覚した搬送拒否問題を受け、都の病院が周辺自治体からの搬送受け入れのハードルを高くすることへの懸念も出始めている。

 北里大の海野信也教授(産婦人科学)は「首都圏は1つの医療圏として考えねばならない」と指摘。田村センター長は「墨東病院は埼玉も頼みの綱だった。近隣都県と情報共有できる仕組みを作るなど周産期救急は広域的な連携が必要な時期にきている」と話している。

抜粋 産経新聞 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081120-00000599-san-soci

・コメント
 NICUは、赤ちゃんのICU(集中管理治療室)です。現在NICU のある病院は限られてます。そのため近くにNICUの無い病院や産院からも多くの赤ちゃんが送られてきます。

 自治体によって、NICUのある病院の数はそれぞれですが、東京のように同じくらいの規模のNICUをもつ病院が相互にネットワークしている地域もありますが、県によってはその整備が不十分な地域もあり、現在都心部に依存しているのが実情のようです。

 NIUCをもつ病院が都心部だけでなく、より大きいネットワークをつくり、どこの病院のベッドが空いているのかなど情報を交換し、対応できるように考えなければなりません。

 医療関係者の努力もあり、乳児の死亡率は低水準のままです。しかし少子化を迎える今後において水準を維持するためには、施設や情報管理システムを整備しなければなりません。

 医療が円滑に効率良く行われるように外側からサポートするサービスが必要ではないでしょうか。続きを読む
タグ:NICU

posted by kei at 06:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月17日

意外に知られていない「正しいマスクの使い方」


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
92017s1.jpg

 新型インフルエンザ流行の可能性が報じられるようになり、ガウン、手袋など医療機関向けの感染防護具が注目を集めているが、流行時に最も多く利用されるのは、比較的安価で実用性の高い「N95マスク」だといわれている。しかし、医療機関で働く人の間でも、マスクの正しい使い方は意外に知られていない。また、「N95マスクさえ着けていれば感染を防げる」と過信している人も少なくないという。北里大医学部の和田耕治助教と労働科学研究所の吉川徹副所長に、新型インフル対策のための正しいマスクの選び方、使い方、注意点について聞いた。

■医療者も誤解する「N95マスク

 医療者の間でもN95マスクについて誤解している人は少なくない。和田助教は、「N95というのはフィルタの性能の規格であって、マスクの形状や種類を指すものではない」と説明する。インフルエンザウイルスの大きさは0.1μm(マイクロメートル、マイクロは100万分の1)と小さいが、通常は唾液など液体の飛沫と一緒に飛散する。飛沫の大きさは5μm程度で、市販されている不織布マスクでも捕捉可能だ。だが、たとえN95マスクを装着していても、マスクと顔に少しでもすき間があって空気が漏れていれば、「ウイルスを含んだ飛沫を吸い込む危険性が高まる」と、和田助教は指摘する。
 吉川副所長は「マスク上部の鼻の付け根の部分からの空気漏れが多い」と注意を促している。あごひげが伸びている場合も、下の部分にすき間ができやすいという。
一言でN95マスクといっても形状はさまざま。接顔クッション付き、呼気弁付き、備蓄しやすい折りたたみ式など400種類以上もある。医療機関によっては 1種類しかマスクが準備されていないところもあるが、吉川副所長は「流行時に備えて、いろいろなマスクを試してみて、自分の顔に合った形状、サイズのマスクを見つけておくことが大切だ」と強調する。
 吉川副所長によると、日本人が使用する場合、国内で製造されたものが望ましいという。「日本人向けの製品は顔にフィットしやすく、密閉性も高まりやすい。また、新型インフルが流行した場合、海外からの物流が止まり、海外のマスクが入ってこない場合もある。その点でも、国内産マスクで自分に合うものを探しておいた方がよい」。
 マスクから空気が漏れているかどうかは、フードをかぶってサッカリンなど人工甘味料を吹き掛けて試す方法と、漏れ率を数値で計測できるフィッティングテスターを使う方法がある。

■ユーザーシールチェックも欠かさずに

 感染リスクを減らすためにはユーザーシールチェックも重要だ。ユーザーシールチェックとは、装着するたびにマスクの密閉具合を確認すること。両手でマスクを完全に覆うようにしてゆっくりと長く息を吐く。マスクの周囲から息が漏れていなければ、正しく着用できていると判断してよい。息が漏れている場合は密閉性が十分ではないので、再度正しく着用し、ゴムひもの調整などを行う。
 また、備蓄されているマスクを使用する際は、有効期限などを確認することも大切だという。吉川副所長は「古いマスクはゴムひもの部分が劣化していることがあるので、気を付けてほしい」と話している。

抜粋 医療介護CBニュース

・コメント
 マスクには大きくガーゼ、不織布があります。ガーゼは通気性がよく呼吸がしやすいですが、布であるため繊維がほぐれて飛散することは避けられません。インフルエンザがかかったときなどには不適です。温かく喉の湿度を保てるため風邪を引いたとき、また冬の乾燥期に喉をいたわり風邪を予防したときには効果的です。
 
 不織布を用いたマスクは現在の主流となっています。医療現場で用いるものというイメージが強かったせいか、つい数年前まではそれを用いる人は多くありませんでした。
 
 実験により、防塵性能が以外に安価な使い捨て不織布マスクがいちばんよかったとのことが示されており、N95マスクが急速に普及しています。最近は通気性のわるいものも減少してきており使い勝手が急速に改善されています。

 他人に伝染させないためにエチケットとしてだけでなく、風邪予防にも効果的なマスクをお出かけの際お忘れなく。続きを読む
タグ:N95マスク

posted by kei at 04:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月11日

中国、「ネット中毒」を精神疾患として認める見通し


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


中国は世界で初めてインターネット中毒を医学的疾患として認める見通しになった。国営英字紙チャイナ・デーリー(China Daily)が10日報じた。

 中国の衛生省は来年、ネット中毒をギャンブルやアルコールへの依存症に類似した疾患だとする新たな診断マニュアルを採用する見通しだという。

 中国の公式発表ではネット利用者は世界最大の2億5300万人で、所得水準の上昇とともにその数も増えている。国営メディアが8月にある議員の話として報じたところによると、18歳以下の中国のネットユーザーの約1割に当たる約400万人が主に「不健全な」オンラインゲームによるネット中毒に陥っているという。

・コメント
 ネット中毒は、日本にも沢山居ると思います。つながっていないと気がすまないなら、携帯中毒もここに該当すると思います。ほとんどの中高生がこれに該当すると思います。また、成人しても会社から携帯を渡され縛られている人もそうです。

 しかし、ここには沢山のバーチャルな世界があり、現実の世界とパラレルでつながっていると考えると、中毒というよりより電子的なやりとりで、しがらみの無い便利な世界への移行を望んでいるという中国国民の表れなのかもしれませんね。

 一概に不健全と決め付けるのは良くないと思います。ここにビジネスを展開している人もいることですし、ネットで情報の行き来が盛んになり、生活が豊かになっていることは間違いないのですから。


続きを読む
タグ:ネット中毒

posted by kei at 05:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月07日

理研、ES細胞からヒトの大脳組織を作製 世界初


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


理化学研究所発生・再生科学総合研究センター(神戸市)の笹井芳樹(Yoshiki Sasai)グループディレクターら研究グループは、万能細胞といわれるヒトの胚(はい)性幹細胞(ES細胞)から、大脳皮質の組織を作り出すことに世界で初めて成功した。6日、米科学誌「セル・ステムセル(Cell Stem Cell)」電子版で発表された。脳疾患の再生治療や新薬開発への応用が期待される。

・コメント
 脳疾患は、いままで治療不可能の領域でしたが今回のES細胞からの培養技術で可能性が出てきました。幹細胞から、いろいろな身体の部分や臓器を作り出せるようになれば、臓器移植を中心とした医療の可能性が大幅に広がります。

 現在、大人の細胞の遺伝子を組み替えた「iPS細胞(人工多能性幹細胞)」も注目されています。大人の体(骨髄など)から採れる成人性幹細胞(成体幹細胞)は、現状ではES細胞ほどの変身可能性(機能分化の自由度)は、持ってはいません。

 このまま技術が発展していけば、「幹細胞」は人体パーツを大量生産することができます。医療の限界を突破できる画期的な技術ですが、逆に生命としての倫理を崩壊させてしまう可能性も秘めています。

 ヒトはこの技術を管理できるだけの器があるでしょうか。

参考 胚性幹細胞 WIKI
 動物の発生初期段階である胚盤胞期の胚の一部に属する内部細胞塊より作られる幹細胞細胞株のこと。生体外にて、理論上すべての組織に分化する分化多能性を保ちつつ、ほぼ無限に増殖させる事ができるため、再生医療への応用に注目されている。

 またマウスなどの動物由来のES細胞は、体外培養後、胚に戻し、発生させることで、生殖細胞を含む個体中の様々な組織に分化することができる。また、その高い増殖能から遺伝子に様々な操作を加えることが可能である。

 このことを利用して、相同組換えにより個体レベルで特定遺伝子を意図的に破壊したり(ノックアウトマウス)、マーカー遺伝子を自在に導入したりすることができるので、基礎医学研究では既に広く利用されている。
タグ:ES細胞

posted by kei at 14:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月04日

薬代を賢く節約? 「ジェネリック医薬品」


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
1.gif

TVコマーシャルなどで耳にする機会が多くなってきた「ジェネリック医薬品」という言葉。薬代が安くなるということは何となく知っていても、どんな薬がどうして安いのか、知らない人が多いのではないのだろうか。
成分が同じでも価格が違うワケとは?

「お医者さんで処方される薬には、“新薬(先発医薬品)”と“ジェネリック医薬品”の2種類があります。新薬の特許期間が過ぎたあとに製造・販売されるのがジェネリック医薬品で、国が割安な価格を設定しています」と話すのは、都内の薬局に勤務する薬剤師の妹尾氏。すでに有効性と安全性が確認された成分を使って製造されるジェネリック医薬品は、研究・開発にかかる時間と費用を大幅に抑えることができるため安いのだ。

 安さは魅力だが、口に入れるものだけに心配なのが品質。効き目についても気になるところだ。「ジェネリック医薬品は、新薬と同じ有効成分で、同じ効果が期待できると厚生労働省が認定しています。薬事法のさまざまな規制のもとで製造されていますから、品質にも問題はありません。薬によっては大きさや味、使用感などが改善されていることもあります」

 高騰する医療費削減への期待から、国が積極的に推進しているジェネリック医薬品だが、誰でも処方してもらえるのだろうか?「残念ながら、すべての薬がジェネリック医薬品に対応しているわけではありません。また、医療機関によっては扱っていない場合もあります」

 薬局に在庫がなくて用意に時間がかかったり、患者が負担する金額は変わらない、といったケースもあるらしい。また、人によっては添加物によるアレルギー反応が出ることもあるので注意が必要だ。

 市場シェアが50%を超える欧米各国に対して、日本での市場シェアは10%程度。医療保険制度やコストに対する意識の違いなどから、まだまだ一般的とは言えないジェネリック医薬品。分からないことは、まず医師や薬剤師に相談してみるのが良さそうだ。

抜粋 コブスオンライン

・コメント
 ジェネリック医薬品(後発医薬品)は、新薬の独占的販売期間が終了した後に発売される、新薬に比べて低価格な医薬品です。欧米では有効成分の一般名(generic name)で処方されることが多いため、「ジェネリック」という言葉で呼ばれています。

 国は本格的な高齢化社会を迎え、国民医療費の増大が予想される中で、後発品は低価格の医薬品供給を通じて国民負担の軽減、医薬品価格の抑制に寄与するというメリットがあるとされています。

 新薬は承認後、有効性・安全性の再確認が義務づけられる再審査期間(原則8年間)というものがあり、この期間中は、ジェネリック医薬品の承認されません。新薬の実質的な独占的販売期間となっています。

 ジェネリック医薬品は8年間の使用実例を参考に開発・製造するため試験項目が少なく、開発費を抑えられ、低価格での提供が可能とされています。

 ジェネリック医薬品の薬価収載は、平成19(2007)年から年2回(7月と11月)に行われています。初めて収載される場合には新薬の薬価に0.7を乗じたものとされています。

 しかし、よくよく考えて見ますと、薬の効果、効率が高い新薬開発に力を注ぐ方が得なような気がします。効果に対して価格はつけにくいと思いますが、もしそのようなものがあれば、一目瞭然だと思います。新薬には改善、改良ができるメリットがあるのです。

 ジェネリックはコピーの限界を超えられません。いつまでたっても古い薬を使い続けることになるのです。本当にジェネリック使い続けていいのでしょうか。安ければ安いほどいいといった消費者個人の判断というよりも、国として薬をどう考えるべき事だと思います。

参考 後発医薬品 WIKI
 成分そのものやその製造方法を対象とする特許権が消滅した先発医薬品について、特許権者ではなかった医薬品製造メーカーがその特許の内容を利用して製造した、同じ主成分を含んだ医薬品をいう。先発医薬品の特許権が消滅するとゾロゾロたくさん出てくるので「ゾロ」「ゾロ薬」等と呼ばれていたが、商品名でなく有効成分名を指す一般名(generic name)で処方されることが多い欧米にならって、近年「ジェネリック医薬品」とよばれるようになった。

諸外国に比べ、日本では普及が進んでいない。普及を妨げる理由には安定供給がなかなか難しいというジェネリック医薬品メーカーの問題とジェネリック医薬品に対する医師・薬剤師の知識不足がある。

現状で後発品の普及がすすんでいる国は英国、米国、ドイツなどで以下に各国の普及率(数量ベース)を示した。

* 55% 英国
* 53% 米国
* 46% ドイツ
* 17% 日本
* 13% フランス

なお2006年のデータでは従来普及率の低かったフランスが39%に伸びている。現在、日本でも医療費抑制のため厚生労働省主導でジェネリック医薬品(後発品)の普及が進められている。具体的な動きとして、2008年4月より処方箋の書式が変更になり「病気に対して処方できるジェネリック医薬品がない」「患者が新薬を望んでいる」など特別な事情がない限りジェネリック薬が処方されるようになった。この動きにあわせて各医薬品メーカーはジェネリック医薬品の積極生産へシフトしつつある。

参考 日本薬剤師会

参考 日本ジェネリック製薬協会

posted by kei at 05:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月01日

南アフリカで4人死亡の病原体、新型ウイルスと判明


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


南アフリカ保健省は30日、ヨハネスブルク(Johannesburg)で4人が死亡した感染性のウイルス性出血熱の病原が、新型のアレナウイルスであることが特定されたと発表した。

 南アフリカの国立感染症研究所(National Institute of Communicable Diseases、NICD)のBarry Schoub氏は、米疾病対策センター(US Centers for Disease Control and Prevention、CDC)が検査を行い、新型のウイルスを突き止めたと語った。

 南アフリカ保健省によると、最初にウイルスの感染が確認されたのは、ザンビアからヨハネスブルクの病院に航空機で搬送された女性だった。女性は入院から2日後に死亡。その後、この女性に同行していた医師と、女性と接触があった看護師および清掃員が死亡した。

 NICDのJanusz Paweska氏は、「現在、病院で監視下にある患者は、(抗ウイルス)治療に対して良好な反応を示している」と語った。

 Paweska氏は、ほかにも100人ほどが、この新型ウイルスに感染している可能性があるとして監視下に置かれているが、危険な状態は脱しているようだと述べた。

・コメント
 ウイルス感染症の場合、細菌とは異なり抗ウイルス治療薬で治療できるものは限られています。

 ウイルスは自身の細胞を有しないため、細菌など病原体の細胞を直接破壊する抗生物質療法とは異なり、新型ウイルスに対する対応は、新型ウイルス独自の治療薬が必要となるからです。

 こういったウイルスに対応すべきは国際的な枠組みで実施せざるを得ません。人類に対する脅威です。情報の共有を図る必要性があると思います。

参考 アレナウイルス WIKI
 ウイルスの分類における一科。一本鎖のアンビセンスRNA2分子をゲノムとするRNAウイルス。ビリオンは直径50~300nmであり、エンベロープを有する。ビリオン内に宿主由来のリボソームとRNAをもつ。宿主細胞の細胞質内で増殖し、細胞質内封入体を形成する。

* Genus Arenavirus
o ラッサウイルス(Lassa virus)
o リンパ球性脈絡髄膜炎ウイルス(lymphocytic choriomeningitis virus;LCMC)
o アルゼンチン出血熱ウイルス(Argentine hemorrhagic fever virus)=フニンウイルス(Junin virus)
o ボリビア出血熱ウイルス(Bolivian hemorrhagic fever virus)=マチュポウイルス(Machupo virus)
o タカリベウイルス(Tacaribe virus)
* Genus Deltavirus
o D型肝炎ウイルス(hepatitis delta virus)

 

posted by kei at 05:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月28日

サファリと美容整形、南アフリカで医療観光が人気に


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


アフリカ観光といえば、サファリや手つかずの大自然が思い浮かぶが、「ちょっとした美容整形」が目的の観光客が年々増えている。

 54歳の高校教師、ジョイさんは、ロンドンから12時間かけて南アフリカにやってきた。ヨハネスブルク(Johannesburg)の私設診療所で、腹部の脂肪除去および鼻とまぶたの整形手術を受ける予定だ。価格は約15万4000ランド(約130万円)。「ネットでいろいろ調べた結果、値ごろ感と、回復するまでゆっくり観光を楽しめる点で、南アフリカが最適だと判断したの。帰国したとき、日焼け以外の変化にも気付いてもらえるかしらと考えるだけでも楽しいし」

 美容整形とサファリ旅行をセットにした「メディカル・サファリ」は人気を博しつつあると、ヨハネスブルクの医療観光会社「サージャンアンドサファリ(Surgeon and Safari)」の創設者、ロレイン・メルヴィル(Lorraine Melvill)氏は言う。整形術が欧州の病院並みの水準であることが大きな理由だという。術後の回復期に観光を楽しむことができ、包帯が取れてから帰国できるというのも魅力だ。

 南アフリカではリーズナブルな値段で高度な専門医療を受けられるという評判は、1990年代半ばから徐々に高まっている。国内に複数ある医療観光会社の利用客は、海外・国内を問わず増え続け、医療観光分野で先行するインド、マレーシア、ブラジル、タイ、コスタリカに肩を並べるまでになっている。「南アフリカは欧州からは遠いという難点はあるが、わが社の医療サービスやパッケージ内容は(わざわざ足を運ぶだけの)価値がある」とメルヴィル氏。

 同氏によると、希望者は事前に詳細な医療相談を受ける。旅行代金には往復旅費、ビザ代、宿泊費、施術費が含まれる。欧州の利用客の多くが、宿泊先に、サファリも楽しめる5つ星の豪華ロッジを選ぶという。

 実入りの良いこうした医療観光の興隆は、医師や看護師の一般医療離れを促進するとの指摘もあるが、メルヴィル氏は「医療観光は南アフリカの重要な産業になりつつあり、医療施設が不足するアフリカ各国からの利用客も多い」と将来を楽観する。

・コメント
 発展途上国で医療観光は、リーズナブルな値段で高度な専門医療を受けられるということで人気のツアーです。特にプチ美容整形が人気を集めているそうです。

 「予防人間ドック」も人気があるそうです。ロンドンの民間診療所で、男性が血液検査、心電図検査、胸部X線検査、肺検査、腹部超音波検査などを含むフルコースの人間ドックを行ったら、その費用は345ポンド(574ドル)。一方、それと同様の検査をデリーの医療ケア企業マックス・ヘルスケアで行ったら、費用はたったの84ドル。

 つまり、西洋やその他の先進国の医療観光客は、インドにおいて、母国の4分の1から8分の1の費用で治療を受けられるというわけです。

 そう考えると保険の利かない医療を受けるには、こういったツアーを利用すると旅行ついでに・・・と考える人も多いのかもしれません。しかしまだまだ問題が起きた場合のことを考えると外国での手術はちょっと二の足を踏みそうです。
タグ:医療観光

posted by kei at 13:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

完全人工心臓、2011年までに臨床実験へ


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


フランスの心臓移植の世界的権威アラン・カルパンティエ(Alain Carpentier)教授は27日、世界中で心臓移植ドナーが不足している事態に対応するため研究中の移植用完全人工心臓について、2011年までに臨床試験が実現できそうだとの見通しを示した。

 完全人工心臓の欧州研究チームを率いるカルパンティエ教授は、人工心臓が「2年半以内に」製造され人体に使用できるだろうと述べた。

 航空防衛機器大手の欧州防衛宇宙会社(EADS)や仏国家機関、ベンチャー投資会社Truffle、カルパンティエ教授などが出資して立ち上げたバイオメディカル企業Carmatがパリ(Paris)近郊でこの人工心臓を生産する。

 カルパンティエ教授はEADSの技術者チームと共同で試作品を開発した。形は本物の心臓に近く、等間隔で拍動するこの試作品には、カルパンティエ教授が開発し世界中で利用されている人工心臓弁と同じ技術が使われている。

・コメント
 完全人工心臓は人類の長年の夢でした。いままでの人工心臓は人間が持つ免疫システムによる拒絶反応や血液凝固作用により問題がありましたが、化学処理された動物の組織を用いた「生体材料」を用いることによりこれをクリアしたそうです。

 今後の見通しが気になりますが、心臓まで作れるとなると体のスペアが大量に生産できる技術が間近に迫っていることになります。IPS細胞の研究もすすんでいることから、飛躍的に人間の寿命が延びることになったら、社会構造が変化することになりかねません。

 生きることの大切さは死ぬことより学ぶことだと思います。死ななくなったら、命を粗末に扱う人が増え殺伐とした社会になるかもしれませんね。ちょっと恐ろしい感じがします。

参考 人工心臓 WIKI
 心臓の機能の代用する為に用いられる人工臓器である。



全置換型人工心臓は、空気圧駆動型のジャービック7が1980年代にアメリカで臨床応用されたが脳卒中などの合併症で使われなくなった。最近、電磁駆動のアビオコアの臨床も行われたが現在は中断している。症例数から計算すると、補助人工心臓だけで救命できる症例数のほうが多く、全置換型人工心臓は開発しても採算が取れないと言う試算もあり、現在地球上には、開発プロジェクト自体があまりないのが現状である。その中において日本は、東京大学などの研究チームは科学研究費を元に全置換型を目指して開発を進めている。

国際的に見て、日本の治療機器の認可は世界で一番遅れているとも言われ、特に人工心臓では、認可の遅れにより本来ならば助かるはずの患者の生命が失われていくので、学会等でも日本の許認可の遅れの問題は大きな問題として取り上げられている。

posted by kei at 09:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月27日

ウィーン総合病院、超高磁場MRT導入


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


オーストリア・ウィーン(Vienna)のウィーン総合病院(Vienna General Hospital)はこのほど、地磁界の14万倍の強さに相当する7テスラの超高磁場を備えた最新の磁気共鳴断層画像装置Magnetic Resonance Tomography、MRT)を導入した。7テスラMRTは、重量34トンの大型装置で、軟部組織障害腫瘍(しゅよう)形成期の代謝変動の診断に使用される。導入により今後、同院には、世界各国から最高水準の科学者が研究に訪れることになる。

・コメント
 これからの予防医学の発展において、こういった装置が活躍することは間違いありません。医者の診断により早期発見することは、医者の技量によるところが多く、特に地方や離島などの医療環境が悪いところには、こういった数値で分かる医療機器が必要だと思います。

参考 MRT WIKI
 核磁気共鳴現象を利用して生体内の内部の情報を画像化する方法である。断層画像という点ではX線CTと一見よく似た画像が得られるが、CTとは全く異なる物質の物理的性質に着目した撮影法であるゆえに、CTで得られない情報が多く得られる。

医療現場に利用され始めた当初は、NMR現象を利用したCT(computed tomography: コンピュータ断層撮影)であるということから、NMR-CTと呼ばれていた。日本語での呼称として当初は核磁気共鳴CT検査と呼ばれていたが、病院内で「核」という文字を使用することへの抵抗があり、またMRIには放射線被曝がないという利点を誤解されかねないという懸念があり、MR-CTという呼称が考えられ、最終的には、現在のMRIという呼称に落ちついた。

現在、超伝導電磁石を使用し強磁場を発生させることで、画像を精細かつ高コントラストで構成できるものが製品化されている。多くの施設では0.5 Tから1.5 Tの超伝導電磁石を用いたMRIが使われているが、最近では3 Tの超高磁場装置が日本国内でも臨床使用が認められるようになり、大規模病院を中心に普及が始まりつつある(2007年末において約100台稼働の見通し)。研究用としては、理化学研究所にバリアン製の4.0 Tの装置、国立環境研究所にバリアン製の4.7 Tの装置、新潟大学脳研究所に、人体を撮像可能なGE製の7 Tの装置が設置されている。

主に永久磁石を使用するオープン型MRIは、冷凍機の運転やヘリウム補充が不要などランニングコストが低いため、中小規模の医療機関に広く普及している。低磁場なので騒音が少なく、漏洩磁場も少ないメリットの他、ガントリ開口径が広いので心理的な圧迫感が少なく、外部からのアプローチも容易である。この特徴を生かし、小児や閉所恐怖症患者の検査、腰椎椎間板ヘルニアに対するレーザー治療などの術中(インターベンショナル)MRIに用いられる。
タグ:MRT

posted by kei at 12:55 | Comment(3) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月12日

ロボット 医療用スーツ、リース販売へ サイバーダイン


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
20081007-00000014-maip-soci-view-000.jpg

茨城県つくば市のベンチャー企業・サイバーダインは7日、福祉・医療用ロボットスーツ「HAL(ハル)」を今月から量産し、リース販売を始めると発表した。

 HALは同社最高経営責任者(CEO)の山海嘉之・筑波大大学院教授(50)が98年に1号機を開発した。金属製のフレームを体に装着し、筋肉を動かす際に体表を流れる微弱な電流をとらえ、モーターに信号を送って体の動きを助ける。年間500体生産する下半身タイプは、足腰に障害がある人や高齢者が装着すると、1人で立ち上がったり、歩きやすくなるという。

 住宅メーカー・大和ハウス工業を通じて、関東・関西の介護・福祉施設にリース販売する。価格は片足用が月15万円、両足用が同22万円。山海教授は「今後は北欧を拠点に海外販売も検討したい」と話した。31日に同市に開業するショッピングセンター「イーアスつくば」内にHALを試着できるコーナーを設ける。

抜粋 毎日新聞

・コメント
 介護の負担を減らすには、まず体の負担を減らすことです。高齢者が高齢者を介護する場合には、こういった支援装置は大きく威力を発揮すると思います。

 ただし、まだまだ価格が高く手がでない人も多いと思います。こういった商品にこ補助を出すことで、介護にかかる負担を総合的に減らしていく努力が今後必要だと思います。

posted by kei at 15:32 | Comment(0) | TrackBack(1) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

臨床医の派遣は収益事業


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
09_magome_showa_unv_hosp4.jpg
参考 昭和大学病院

昭和大学(東京都品川区)が東京国税局の税務調査を受け、2007年度までの5年間に約9億1000万円の申告漏れを指摘されたことが22日、分かった。臨床医が別の病院に再就職した際に大学側が受け取った金銭を、派遣に伴う収益事業と認定された。

 公益法人に認められる優遇措置により、実質的な課税対象は約4億6200万円となり、追徴税額は約1億500万円。収益事業に関し、約150万円が重加算税対象の所得隠しと認定される見通しという。同大学は既に修正申告に応じている。

 同大や関係者によると、同大学の付属病院などに勤める臨床医が、他の病院に再就職した際、大学側は受け入れ先の病院から寄付金名目で金銭を受け取っていた。

 こうした金は、07年度までの5年間で全国約120の医療施設から計約6億円に上り、同大では非課税対象の寄付金として公益事業に計上していた。これに対し国税局は、受け取った金銭は医師の派遣に伴う対価に当たると指摘、課税対象の収益事業と認定した。 

・コメント
 医療機関の医師不足が叫ばれているなか、寄付金までしてこうした医師の派遣事業が行われている裏側にはこういった事業が関係者に求められていることを示しています。非課税の寄付金名目でというところが問題ですが、根本的な問題の医師の供給不足解消にまで踏み込んでいません。
 
 派遣事業をもつ会社が派遣法の改悪により、廃業に追い込まれているところが沢山あるなか、需要をみたせない官製不況を生み出している現状を国民全体のマイナスと捕らえることはできないのでしょうか。

 現在、医療機関の会計自体が、性善説にたって行われています。保険自体がややこしく会計行為自体がコストやグレーゾーンを発生させる温床になっている現状を変えようとしない今の厚労省の体質に問題があるといってもいいと思います。

 一度ガラス張りの会計にして、今後、本当にやっていけるのかを確認する必要があるのでは無いでしょうか。寄付がなければやっていけないような台所事情なら早急に改善する必要があると思います。
タグ:派遣

posted by kei at 03:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

iPS細胞で 京大国内特許 4遺伝子使う製法 海外取得に弾み


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
feature-02.jpg
抜粋 FUTURE

 京都大は11日、山中伸弥教授が樹立したiPS(人工多能性幹)細胞の基盤技術について、国内特許の成立が決まった、と発表した。iPS細胞関連の特許取得は、世界初といい、米国など海外の20数カ国でも特許成立を目指す。
 特許として成立したのは、体細胞に4つの遺伝子を導入する基本的な作製法で、人も含めて4遺伝子で作製したすべての種類のiPS細胞に権利が及ぶ。
 iPS細胞をめぐっては、京大より先にバイエル薬品(大阪市)が人のiPS細胞を作製した可能性があり、特許の行方が注目されていた。京大は2006年12月に作製技術を包括的にまとめて国際出願したが、早期成立のため今年5月に主要技術を分割して出願し、特許を押さえた。
 松本紘副学長は「企業が特許を押さえ、国民が高い治療費を払わされることがないよう、今後も大学として知的財産の獲得に力を入れたい」と話した。
 他国での特許所得も京大が一歩リードした状況だが、特許のとらえ方は各国で違い、遺伝子を減らしたり、化学物質を用いる手法にも特許が認められる可能性がある。京大の基本技術にどこまで権利が認められるかは流動的で研究だけでなく特許をめぐっても世界で競争が激化しそうだ。
 ■実用化加速へ
 京都大iPS細胞研究センターの山中伸弥センター長の話 今回は第一歩で、細胞のメカニズムの解明や創薬への活用、細胞治療の実現化に向けた研究に全力投球し、関連の知的財産を積み重ねて実用化や治療応用の加速化に結びつけたい。

抜粋 京都新聞

・コメント
 いままでの医療を覆す再生医療です。体のスペアを取り替えるといったすごい発想で様々な課題を乗り越えてきています。もと医療関係者として早く実現して欲しいです。

 現在、病気や怪我で苦しんでいる人たちを少しでも救うことができるならそれは、立派な社会貢献だと思います。この技術を追求することは各人おのおのの人生をそして社会をよりよいものにしていくことに他なりません。
タグ:再生医療

posted by kei at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

「親知らず」からiPS細胞作成に成功、産総研


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


【8月22日 AFP】抜歯した「親知らず」の幹細胞を用いた新型万能細胞(iPS細胞)の作成に産業技術総合研究所(National Institute of Advanced Industrial Science and Technology)が成功した。難病の研究に新たな道が開かれると期待される。

 3年前に10歳の少女が抜歯して冷凍保存されていた「親知らず」から取り出した細胞を35日間培養して、iPS細胞を作成することに成功したという。

 今回の成果について、研究を主導した大串始(Hajime Ogushi)主幹研究員は22日AFPに対し、通常は捨ててしまう抜歯された歯を用いたことで、胚性幹細胞につきまとう倫理面の問題が解決されたこと、そして冷凍保存が可能で、保存して必要に応じて使用できるという2点で意義があると説明した。

 大串研究員によると、今回の方法で作成したiPS細胞が、先天性骨形成不全症の治療など臨床に応用できるまでには少なくとも5年は必要だという。

 これまでの胚性幹細胞(ES細胞)研究は受精卵を用いたことから、倫理面や宗教面での論争の的となってきたが、山中伸弥(Shinya Yamanaka)京都大教授や米国の科学者らが前年、皮膚の細胞を用いたiPS細胞作成に成功。ES細胞研究に倫理面から疑問を呈していたローマ法王庁やジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)米大統領らも賛同している。(c)AFP

・コメント
 最近注目の再生医療iPS細胞です。いままでの医療を変えてくれる期待の細胞ですが、まだまだ臨床中です。体のパーツ交換といった概念なので今までの医療とはまったく違ったアプローチです。

 現在、各国競って再生医療に取り組んでいます。倫理も、認知されることにより摩擦はなくなっています。今までの薬や外科施術に頼った莫大な医療コストと考えるとできるだけ早期に広まることを期待したいです。
タグ:再生医療

posted by kei at 05:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月21日

松下電器が新技術、DNA配列から病気リスクなどを識別


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


【8月21日 AFP】松下電器産業(Matsushita Electric Industrial)は20日、DNA配列の違いから個人ごとの薬への反応や病気の発症リスクなどを予測する新技術を開発したと発表した。

 松下電器によると、この技術はSNP(Single Nucleotide Polymorphism)と呼ばれる、DNAの配列変異を電気的に識別するものだという。また、識別用の人工DNAを電極に固定せず溶液中に溶解させた状態で識別する「世界初」の技術だとしている。

 この技術の開発は、松下電器と甲南大学(Konan University)が共同で行った。(c)AFP

・コメント
 すごい技術ですね。自分のかかりやすい病気が分かれば予防もできますし、医療費が格段に安くできそうです。

 予防医療は治療よりもはるかにコストが安く、リスクも低いため現在の医療の主流になりつつあります。しかし、医療関係者や感心がある人
以外は結局病気になったら医者にかかるものといった昔からの観念があるためなかなか普及していないのが現状です。 

 厚生労働省は、一円でも安く医療費を抑えたいのならこういった技術を支援して、予防医療に対する認知度を上げ、利用してもらうことを考えればいいと思います。

 いまのような医師不足や過剰労働は、患者数が増えたからといった要因もありますし、一人でも患者を減らすなら予防医療普及はいい案だと思うのですが。
 
タグ:DNA 予防医療

posted by kei at 05:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月15日

東大が電気を通すゴム素材を開発、ロボットの人工皮膚に応用も


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


【8月13日 AFP】東京大学(University of Tokyo)の染谷隆夫(Takao Someya)准教授らは、電気を通すゴム素材を開発した。人間のように熱や圧力を感じる柔らかい「皮膚」を持つロボットの開発への道を開きそうだ。

 世界初のこの素材は、現在市場に出回っている炭粒子配合のゴムと同じ伸縮性を持ちながら、導電率は570倍も高い。配線として使用すれば元の長さの1.7倍まで伸びる集積回路(IC)が実現できる。ロボットの人工皮膚としても期待される。

 開発に参加した関谷氏は、ロボットが日常生活に入るようになった場合、ロボットの身体にセンサーを張り巡らさないと危険だと言う。「ロボットが赤ちゃんにぶつかることを想像してみてください」

 この素材は最大で2.3倍も伸びる。伸び率38%程度までは導電率に大きな変化はないが、最大まで伸ばすと導電率は半減する。だが金属線が1、2%の負荷でも切れてしまうことを考えれば、画期的といえる。

 カーボンナノチューブ(筒状炭素分子)をゴムに配合した。カーボンナノチューブは互いにくっついてしまう特性を持つが、イオン液体を混ぜることにより、ゴムに均一に分散され、導電性と柔軟性の両方を実現することができた。

・コメント
 人工皮膚なんてすごいですね。これで事故とかで失った四肢を復元することができるかもしれませんね。

 義肢では感じることができなかった感覚まで補完できることになればと考えると、人間の体の一部分が悪くなれば、すぐに取替えるといった
医療もありえなくもありませんね。

 近未来が想像つかなくなってきそうです。
タグ:人工皮膚

posted by kei at 05:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

国境なき医師団、ニジェールで活動停止命令受ける


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


【7月29日 AFP】医療援助団体「国境なき医師団(Medecins Sans Frontieres、MSF)」は26日、ニジェールで支援活動の一時停止命令が出されことを受け、活動の継続を求めて同国政府に働きかけていることを明らかにした。

 MSFは22日、ニジェール内務相が同団体の支援活動を一時停止したとの通達を受けた。停止理由は告げられなかったという。MSF幹部の1人は「活動を再開できるよう、二ジェールの大統領や閣僚との協議の場を設けたい」と話した。

 地元ラジオは、MSFフランス支部の一部関係者と、同国でのウラン採掘による利益の分配を主張するトゥアレグ人(Tuareg)反政府勢力とのつながりを指摘している。

 MSFは同国で、今年に入ってから栄養不良児1万4000人以上の治療にあたり、現在も3400人以上の子どもの治療を行っているという。(c)AFP

・コメント
 国境なき医師団は1971年にフランスの小さな医師のグループによって作られたNPOです。日本法人は認定特定非営利活動法人の認定を受けています。

 設立のきっかけは、各国政府の中立的態度や、赤十字の活動に限界があり、人道援助、メディアや政府に対して議論の喚起を行う組織を作る必要があったからといわれています。

 全ての人が医療を受ける権利があり、また医療の必要性は国境よりも重要だという信念に基づき、国境なき医師団を創設したのは、人道を保護するといった、ゆるぎないボランティア精神からです。

 現在、国境なき医師団は、貧困地域や第三世界、紛争地域を中心に、年間約4.700人の医療スタッフが、世界各地70ヶ国以上で活動しており、災害や紛争に際し、どこよりも早く現地入りする緊急医療援助を得意とし、マラリアのような地域特有の疾病の撲滅にも力を入れています。
 
 チェチェンやコソボの住民のような、公式な代表のいない人々に代わり、非人道的行為を国連に対し告発しています。メディアなどを通し、現地で見てきたことを伝える「証言活動」も重要な活動の一つと位置づけているそうです。

 このような崇高な使命を持って活動をしている人が、世界には沢山います。現在の日本において自己中心的な人が増えてるのは、このような慈善、奉仕精神が忘れ去られていることが原因なのかもしれません。世界中には我々の持っている少しの力でも頼りにしている人がいます。

 最近何かと話題に上がる、虚無感に襲われている現在の若い人達が立ち直るにはいい薬だと思います。自分を見つめなおし、必要とされる人になる事が、いかに人生において大切なことかを知る必要があると思うのです。

 国境なき医師団はその活動において、10の原則を掲げています。(参考WIKI)

1. 第一に医療援助活動
2. 証言活動
3. 医療倫理の遵守
4. 人権の擁護
5. 独立性への配慮
6. 基本原則:公平性
7. 中立性の精神
8. 義務と透明性
9. ボランティアからなる組織
10. メンバー一人ひとりが参加し動かす組織

 国境無き医師団以外にも海外で活躍する青年海外協力隊があります。日本国政府が行う政府開発援助(ODA)の一環として、外務省所管の独立行政法人国際協力機構(JICA)が実施する海外ボランティア派遣制度です。

 青年海外協力隊の募集年齢は20〜39歳。募集分野には農林水産、教育、保健衛生などがあり、さらに120以上もの職種に分かれている。また派遣国は約80ヶ国で、これまでに約30,000名の隊員が派遣されています。

 発展途上国でこのような体験を積めば、人間として大きくなることは間違いありませんし、どんな環境であろうと、人生は自分で切り開く意志が芽生えることは間違いありません。

 あなたも参加してみませんか。本当に、生きている実感がつかめると思います。不平不満を社会にぶつけるその前に、あなたを必要としている人がそこにいるから、がんばってみませんか。

 参考 国境なき医師団 青年海外協力隊

posted by kei at 16:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。