Google 検索

2008年11月27日

脂肪・砂糖ゼロ 森永新ヨーグルト


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
20081125-00000021-oric-ent-view-000.jpg

森永乳業は25日、脂肪分を抜いたプレーンタイプのヨーグルトビヒダスプレーンヨーグルト 脂肪0(ゼロ)」を12月1日に発売すると発表した。これまで無脂肪商品には、フルーツを加えた甘い商品が多かった。新商品では、脂肪のほかに砂糖も使用しないことで、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)対策として、健康に気を使い始めた40代を中心にアピールする。

 一般的に脂肪を取り除くと、塩味が強くなり、口当たりが悪くなる課題があったが、独自の技術でこれらの問題点を解消。従来のビヒダスに配合されている、整腸作用を促す乳酸菌「BB536」も配合した。

 ヨーグルトは整腸作用などが期待され、健康を気にする人に多く食べられているが、市場は3000億円弱で横ばいを続けている。

 一方、脂肪やカロリーなどを抑えた健康機能系商品は需要が拡大している。無脂肪ヨーグルトも08年度には05年度比9倍の130億円規模にまで拡大する見込み。業界は無脂肪ヨーグルトを牽引(けんいん)役に、ヨーグルト全体の市場拡大を目指す。

 価格は、500グラム入り210円。2009年の11月までに50億円を販売する計画。

抜粋 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081125-00000005-fsi-ind

・コメント
 ヨーグルトは、腸の中を通り抜けながら酸を作ったり、悪玉菌の死骸を取り去ったりしてくれます。
 
 ヨーグルトの歴史は意外に古く、今から5000年から6000年も昔のメソポタミアに始まります。飲み残した乳に偶然乳酸菌が入り込んだのです。日本では奈良、平安時代に黄色い餅状でヨーグルトを「醍醐」と呼んでいました。醍醐味はここから来ています。

 悪玉菌を取り除き、善玉菌を増やしてくれるヨーグルト。いままで、脂肪分が高めでしたが、これが低カロリーでヘルシーなるとバナナダイエットの次ぐらいにブームが来そうです。

関連記事

・森永「ビヒダス」が“ゼロ市場”に参入、無脂肪ヨーグルト発売へ

森永乳業は同社のロングセラーブランド「ビヒダスヨーグルト」より、無脂肪タイプ『ビヒダスプレーンヨーグルト 脂肪0(ゼロ)』を発売することを25日(火)に発表した。ヨーグルト業界も「カロリーオフ」「無脂肪」といった“ゼロ市場”が伸び続けており、同社は看板ブランドを投入することで「2009年度の無脂肪ヨーグルト市場でのシェア30%以上を目指す」という。同商品は12月1日に発売。希望小売価格は210円(500g)。

花粉症の人が支持する“ヨーグルト”の効き目

 同社はメタボリック対策食品市場、無脂肪ヨーグルトが成長している点に着眼し「無脂肪ヨーグルトはコクが減るとともに塩味が強くなりやすいが、塩分を取り除く特殊技術を用いて食べごたえを高めた」という。あえて砂糖を添付せず、健康意識が高い40代以降をメインターゲットに訴求していく。

 「生きたまま腸に届くビフィズス菌」でお馴染みの同ブランドは1978年に誕生。現在はプレーンヨーグルトのほか、フルーツタイプ、ドリンクタイプなどさまざまな商品を販売している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20081125-00000021-oric-ent

参考 ヨーグルト WIKI

乳に乳酸菌や酵母を混ぜて発酵させて作る発酵食品。使われる乳には牛乳のほか、水牛の乳、羊の乳、山羊の乳などがある。乳等省令では「発酵乳」のことである。

気温の高い地方では、生乳のままだと腐りやすいが、乳酸菌で乳を発酵させると保存性がよくなる。乳を醗酵させた後で乳脂肪分を分離し、バターを得ることもイランなどでは行われていた。

欧米や日本でこの乳製品を指すのに用いられるヨーグルトという言葉は、トルコ語でヨーグルトを意味する「ヨウルト(yoğurt)」に由来する。ヨウルトは「攪拌すること」を意味する動詞yoğurmakの派生語で、トルコにおけるヨーグルトの製法を反映している。

乳酸菌は通常腸内細菌として棲息しているが、ヨーグルトの乳酸菌は、腸内定着することはできない。ただし、その代謝物などが腸内のウェルシュ菌などを減少させ在来乳酸菌を増殖させるという整腸作用をもつ。またウェルシュ菌減少によりその抗体を減少させ、アレルギーの発症を抑えるという効果が期待されている。

日本では、科学的根拠がある特定保健用食品(トクホ)には食品の機能の表示が認可されている。認可された食品はヨーグルトとして乳酸菌を含んでおり、食品の摂取によって便秘や下痢の改善、善玉菌に分類される菌が増殖し有機酸が増え、悪玉菌が減少しアンモニアが減ったため腸内環境が改善されたことを示す研究結果が多い。

ただし、脂肪が含まれるものは共通して、過度の摂取によってアレルギーを悪化させたりする。

ヨーグルトなどの乳酸菌食品は、摂取することで花粉症に効果があると言われ、免疫力を高める働きがあるとも言われる。

また、肉の繊維を分解する効果があり、一晩程漬け込む事によって肉が非常に柔らかくなる。

ヨーグルトに上澄み液ががたまるがこれは、乳清、英語ではホエイまたはホエーという。
タグ:ヨーグルト

posted by kei at 06:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/110252584

この記事へのトラックバック
  • seo
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。