Google 検索

2008年09月30日

女性の人材確保が急務の中、社内託児所が増えている


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
topics041021.jpg

 社内託児所を開設する企業が増えている。9月1日、みずほフィナンシャルグループは東京・丸の内の本社内に社内託児所を開設。グループで2ヵ所目の託児施設となった。みずほFGのほかにも、2007年には井村屋製菓、石垣全日空ホテル&リゾートなどが社内託児所を設置している。

 グラフは事業所内託児施設の設置などを行う事業主や事業主団体に支払われた助成金の件数だ。2001年が15件に対して、2003年は24件、2007年は51件と近年急速な伸びをみせている。

 みずほフィナンシャルグループのような大企業だけでなく、中堅企業にも社内託児所開設は広がりをみせている。整理券発行器などバスの電装機器を取り扱うサプライヤー、レシップは2009年4月より社内託児所の運営を開始する。

「当社は2005年に上場したばかりで、従業員数もおよそ500名の企業です。今後、さらに成長していくには優秀な人材の確保が必要だと考えおります。特に、女性社員の確保、定着等は重要課題だと認識しており、開設を決定しました」と同社の広報。

 とはいえ、依然、社内託児所を開設する企業は大手が中心。

 助成金支給の要件には、安全、健全な保育環境を満たすため、子ども1人当たりの面積や保育士の数など、さまざまな事項が定められている。要件を満たす社内託児所を開設するには、建物の広さや採光など、しっかりとした施設でなければならない。加えて、運営には保育士の人件費などが発生する。

 要件を満たせば、中小企業事業主には設置に要した費用や運営に係る人件費に対して、最大2分の1に相当する金額が助成金として支払われる。が、半額は企業が負担することになる。従って、「どうしても一定規模以上の大手企業が多くなる」と、助成金の支給業務を担う21世紀職業財団は説明する。

 これまで順調に増え続けたきた社内託児所だが、景気にかげりが出てきた08年度も、「今のところ、感触として増加の傾向は変わっていない」(21世紀職業財団)という。今後、就労人口の減少が顕著になる中で、女性の人材確保に取り組む企業は確実に増えている。社内託児所の設置件数の増減は、そのひとつの指標でもある。

抜粋 ダイヤモンドオンライン

・コメント
 子供を預けて働きたい人は増えています。ただでさえ、少子化や経済活動圏が広くなって人手が足りなくなってきているにも関わらず働きたくても働けないような環境はまずいと思います。

 問題の根幹は、核家族に尽きると思います。家族全員で子供を育てていく環境は子供のためにもいいですし、誰かが常に補完できるような体制は昔の家族にはありました。

 核家族化で単位が小さくなった分、補完が効かず外に外注する形で保育所が設置されてきました。利便性をもとめ、企業も保育所を設置して人材確保に努めてきましたが、負担に耐えられるのは大企業だけです。

 多くの企業は委託する形しかとれないでしょう。今後の少子化対策につなげるためにも、補助はさけられないと思いますし、社会全体としてうまく回るような環境を構築していく必要があると思います。もうすこし、考えてみる必要があると思います。
タグ:託児所

posted by kei at 05:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

ハチミツに高い殺菌効果、抗生物質に代わる可能性も カナダ研究


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


【9月27日 AFP】カナダでは昔から、のどの痛みを和らげるために紅茶やお湯にハチミツを入れて飲んでいたが、ハチミツは治りにくい耳鼻咽喉(いんこう)の感染症の治療で、抗生物質に取って代わる可能性もあることが、今週米シカゴ(Chicago)で行われた米国耳鼻咽喉科・頭頸部外科学会(AAOHNS)の年次会議で発表された研究結果で明らかとなった。

 研究を行ったのはカナダ・オタワ大学(Ottawa University)のチームで、実験の結果、一般的なハチミツが副鼻腔感染症を引き起こす細菌を殺し、さらに大半の場合において抗生物質よりも効果があることが判明した。

 チームのジョセフ・マーソン(Joseph Marson)氏は、花のみつを調合し、効果があるとみられる薬に変えるというハチの説明の付かない能力について驚きを示す。

 今回の予備実験では、人体ではなく実験室の培養皿で行われ、非常に強い耐性を持つ「スーパーバグ」のメチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)に対する効果も試された。

 マーソン氏はAFPとのインタビューで、次に行われる臨床実験では、副鼻腔からばい菌を洗い流す「ハニー・リンス」が導入されることを明らかにした。

 チームはこれまでに、ニュージーランド産のマヌカハニーとイエメン産のシドルという木から取れるハチミツで実験を行ったが、この2種類のハチミツは液体に浮遊する細菌はすべて殺し、また菌膜では63-91%を殺した。菌膜は、副鼻腔、尿道、カテーテル、心臓弁で防御層を形成することもある微生物の集まりで、通常の薬物療法では細菌を保護してしまい、慢性的な感染症を引き起こすことも多い。

 ただし、すべてのハチミツに同様の能力があるわけではなく、カナダ産のクローバーやそばの実のハチミツはまったく効果がなかったという。これまでのところ、ハチミツのどの成分が細菌を殺すのかは不明で、殺菌のメカニズムを解明するにはさらなる研究が必要だという。(c)AFP

・コメント
 昔からよいといわれてきた食べ物には科学的な根拠よりも、経験によるものがおおいですね。蜂蜜は昔から食べられてきた健康食品です。科学的に検証して裏付けができたので、テレビ等で取り上げられたらまた火がつきそうですね。

 殺菌効果まであるそうなので、のどが痛いときは蜂蜜ティーで美味しく頂きたいと思います。

参考 蜂蜜 WIKI
 ミツバチが花から集めた蜜を主原料に作り出し、巣の中に貯蔵する天然の甘味料である。

 ミツバチは花から得た蜜を体内で転化酵素(インベルターゼ)を加えて分解し巣に蓄える。そのため、巣にあるうちにスクロースを中心とした花の蜜から成分が変化してゆく。

ミツバチの巣はハチの代謝熱によって常に35℃前後に保たれ、なおかつ働き蜂の送風行動によって常に換気されているため水分が蒸発し糖分が80%ほどになる。成分としてブドウ糖、果糖のほか各種ビタミン、ミネラル、アミノ酸(イソマルトオリゴ糖)を含んでいる。高い栄養価をもち、1kgあたり12.307MJ(2940kcal)の熱量がある。

蜂蜜は糖の過飽和溶液であり、低温で結晶化する。この結晶化したほうがブドウ糖で、結晶化しない蜜の部分には果糖が多く含まれている。冷蔵庫はもちろん、冬期には室内でも固まってしまうことがある。湯煎をするなど温めれば元の液状になり、品質上は全く問題はない。花粉などの不純物が多いと、結晶しやすくなる。

「低温で固まれば純粋蜂蜜で、固まらなければ加糖蜂蜜」といわれることがあるが純粋ハチミツでも不純物を濾過しているものは結晶しにくいため、この方法で見分けることはできない。また、蜂蜜はショ糖よりも体に吸収されやすい。これは蜂蜜は単糖類のグルコースとフルクトースから構成され、これ以上消化をされる必要がないからである。

蜂蜜は保存性に優れ、ほぼ100%腐る事はないと言われている。エジプトでピラミッドの発掘をしていた米国の考古学者・T.M.デービスが約3300年前の蜂蜜の入った瓶を発見。その蜂蜜は全く変質していなかったと記録されている。

もっとも日常的に親しまれる利用法は食用である。パンやホットケーキに塗って食べるほかリコッタなどの軽いチーズあるいはヨーグルトなどの乳製品に添えることがある。

コーヒーや紅茶等の飲み物に砂糖の替わりに甘味料として用いる。蜂蜜の主成分である果糖は低温では甘味を感じやすいが、高温では感じにくくなる。暖かい飲み物に蜂蜜を使う場合は、量が多くなりがちなので注意が必要である。

紅茶にハチミツを入れると黒く変色してしまう。これは、紅茶に含まれるタンニンとハチミツに含まれる鉄分が結合し、タンニン鉄が生成されるためである。

照焼き、煮物などで甘味とともに色ツヤを良くするためにも使われる。そのほか、保存性の高さを利用した蜂蜜漬けなどがある。

殺菌、消炎作用があり、創傷の際の消毒に使える他、医薬品として口内炎の治療などに使われる。日本薬局方に医薬品として記載されている。ただし安価な蜂蜜の中には砂糖水などで水増ししたもの(「純粋はちみつ」と銘打ってあるものの中にもこの手の粗悪なものが存在する)も多く、それらには上記の効果は薄いとされる。

漢方薬では生薬の粉末を蜂蜜で練って丸剤(丸薬)をつくる。八味丸(別名:八味地黄丸、桂茯腎気丸)や桂枝茯苓丸といった方剤がこの方法で造られる。また甘草や黄耆などの生薬を蜂蜜とともに炒め、薬効を変化させることも行われている。

韓国では柚子を蜂蜜、砂糖と煮込んでマーマレード状にしたものに湯を注して飲む「ユジャ(柚子)茶」などの伝統茶があるほか、蜂蜜そのものを湯に溶かして「ボルクル(蜂蜜)茶」(「クル(蜜)茶」とも)と称して飲用する。また水に溶いたものは「クル(蜜)ムル(水)」といい、特に酒類を飲みすぎた後に適した飲料だとされている。

適度な濃度に薄めたものを発酵させ、蜂蜜酒を作る。ヨーロッパやアメリカではハニーワインあるいはミードと呼ばれ、新婚家庭で新婦が作り新郎に飲ませる習慣があった(ハネムーンの語源という)。エチオピアではテジといい、伝統的に作られている。因みにパン用のイーストなどをスターターとして日本の家庭でも簡単に作ることができるが、当然酒税法違反となる。

蜂の巣からハチミツを搾り取った後に残る蜂の巣の主材を蜜蝋(みつろう)という。働き蜂は体内から蜜蝋を分泌し、巣作りをする。蝋燭、蝋型、塗料などの原料に利用される。

アフリカ中央部のコンゴ民主共和国北東部の熱帯雨林(イトゥリの森)に暮らすムブティ族(ピグミー)は、採取可能な季節に蜂蜜を主食としている。ムブティ族は小型の鹿などを長さ数百mの網で捕捉する狩猟民族である。しかし、5月から6月を中心にほぼ蜂蜜だけを摂る。

ギリシア神話によれば、人間に養蜂を教えたのはアリスタイオスである。蜂蜜と人類の関わりは古く、スペインのアラニア洞窟で発見された約1万年前の壁画に蜂の巣から蜜を取る女性の姿が描かれている。メソポタミア文明の象形文字にも蜂蜜に関することがらが記載され、古代エジプトの壁画に養蜂の様子がえがかれている。また、蜂蜜はこのような歴史から世界最古の甘味料ともいわれている。

古代ギリシアの哲学者・アリストテレスは著書『動物誌』にて、養蜂について記述している。そこではミツバチが集める蜜は花の分泌物ではなく、花の中にたまった露であると述べている。

旧約聖書ではイスラエル人の約束の地・カナンが「乳と蜜の流れる場所」と描写されており、ハチミツは豊饒さのシンボルとして扱われている。

中世ヨーロッパでは照明用のロウソクの原料である蜜蝋をとるために、修道院などで養蜂が盛んに行われた。

19世紀にいたるまでは蜂蜜を得るには蜂の巣を壊してコロニーを壊滅させ、巣板を取り出すしかなかった。1853年、アメリカのラングストロス(L.L.Langstroth)が自著『巣とミツバチ』"The Hive and the Honey Bee"において、蜂蜜や蜜蝋の採取時にコロニーを崩壊させずに持続的にミツバチを飼育する技術である近代養蜂を開発した。

可動式巣枠を備えた巣箱や蜜を絞るための遠心分離器の発明により、巣を壊さずに蜂蜜を採取することができる近代的な養蜂業が確立したのである。現在に至るまで養蜂の基本的な手法はラングストロスの方法と変化していない。

日本における養蜂のはじまりは『大日本農史』によれば642年とされている。平安時代には、宮中への献上品の中に蜂蜜の記録がある。江戸時代には、巣箱を用いた養蜂などがはじまったとされる。日本における古典的な養蜂はニホンミツバチを使ったものであり、現在の一般的なセイヨウミツバチによるそれとはやや異なる。

現在も山間部ではニホンミツバチによる養蜂が行われている地域がある。明治時代に入り西洋種のミツバチが輸入され、近代的な養蜂器具が使われるようになり養蜂がさかんになる。市場で幅を利かせる蜂蜜は中国などからの安価な輸入品とニュージーランドなどからの特殊な高級蜂蜜に二極分化し、国内の養蜂業は衰えた。
タグ:

posted by kei at 05:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月28日

「バナナダイエット」でバナナ売り切れ? バナナ難民


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


 テレビ番組がダイエット効果があると取り上げたのをきっかけに、バナナが今週に入って全国的に品薄状態になっている。夕方には売り切れになってしまうスーパーも出て出荷も追いつかない状態だ。

 大手スーパー、イトーヨーカ堂の広報によると、バナナは20日以降、前年の2倍の売れ行きだ。夜になると品切れの店舗も出ている。「入荷量を増やすよう要望しているが、なかなか入りづらい」と話す。西友でも品切れの店が出て、発注を増やして対応している。

 輸入量トップのドール日本法人(東京)によると、8月10日―9月6日までの4週間の出荷量は昨年同時期から約26%アップ。「なんでもいいからバナナが欲しい」という問い合わせもきている。バナナは、中国や韓国、中東でも人気が高まっているといい、「輸入量を増やすのは難しいのが現状」という。2位の住商フルーツ(東京)では9月の出荷量が昨年の約3割増となる見込み。

 今週に入っての急激な品薄は、今月19日放映のテレビ番組が引き金だという。タレントが朝食をバナナと水だけにする方法で体重を減らしたと紹介した。

 ただ単一の食品をとるダイエット法には健康への懸念を指摘する声も。岡田正彦新潟大教授(予防医学)は「バナナが身体によい食品であるのは間違いないが、大量摂取は健康によくない。ダイエットに王道はなく、バランスを考えることが必要」としている。

抜粋 スポーツ報知

・コメント
 「バナナダイエット」がテレビの企画で森公美子が実践して火がついています。バナナ難民もでているみたいです。興味があったので調べてみました。

・バナナの7割は水分であることや、繊維が豊富なことから便秘にも非常に効果的

・夕食は18時になるべく近い時間、遅くても20時には食べる習慣を薦めています

大きく以上の二点が強調されていました。よく読んでみると、バナナが注目されていますけど、別にバナナでなくてもいいような気がしました。

カロリー計算するレコーディングダイエットもありますが、全てをメモして計算するのはけっこう大変なのでそこまではできないと思ったのですが、カロリーを気にするぐらいの程度でも結構やせると思います。

 無理すると続かないので、とりあえずできる範囲で、ストレスにならない範囲でカロリーを気にすることだと思います。塵も積もれば山となるのが、体重だというぐらいの認識でいいと思います。

参考 各年代の基礎代謝
 年齢    性別   基礎代謝量(kcal/日) エネルギー消費量(kcal/日)
  20歳代  男     1,533           2,550
         女     1,209           2,000
  30歳代  男     1,499           2,500
         女     1,188           2,000
  40歳代  男     1,447           2,400
         女     1,162           1,950
  50歳代  男     1,364           2,250
         女     1,122           1,850

 静的運動で筋肉量を増やし、腹式呼吸で横隔膜を鍛えて、有酸素運動で心臓や肺などを鍛えると、基礎代謝が増え、全身の持久力がアップして、太りにくい体になり、生活の質の向上にもつながります。
タグ:ダイエット

posted by kei at 06:27 | Comment(3) | TrackBack(1) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

AIG、「スター」「エジソン」生保の売却検討


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
aig_field.gif
抜粋 AIG

 経営再建案の策定を進めている米保険最大手のアメリカン・インターナショナル・グループAIG)が日本資産売却の検討に入った。日本国内で生命保険事業を行っているAIGスター生命保険とAIGエジソン生命保険を中心に売却を検討する。AIGは28日にニューヨークで経営会議を開くなど議論を重ね、週後半に資産売却の候補リストを公表する。


 スターエジソンは来年1月の合併が決まっており、AIGは両社一括での売却を目指すとみられる。両社は経営の健全性を保っているが、AIG本体が米金融当局から最大9兆円の融資枠を設ける公的支援を受けたため、優良事業の売却で財務の早期改善を図る考え。売却額は数百億〜数千億円規模になる見通し。


 売却先候補として、米メディアなどはカナダのマニュライフ、ドイツのアリアンツといった世界的な保険グループの名前を報じている。国内の生保業界関係者は、生保子会社を持つ国内損保大手も買収メリットが大きいと指摘する。


 AIG傘下のアリコジャパンは、AIGの日本支店という形態をとっていて切り離しが困難なため売却対象から外れる見通し。

・コメント
 チャンスですね。株主利益確保のための交渉が必要ないため公的機関の売却は、処分と同じです。資産売却による資産切り売りは、いい買い物になると思います。

 これを期に日本の生保業界も世界に打って出るいい機会です。母集団(保険加入者)が増えれば、私達の保険料も安くなることですし、外資基準が理解できると、未払いもへると思います。溜め込むだけ溜め込んだ生保の資金力を背景にがんばって欲しいです。

参考 AIG
 アメリカ合衆国ニューヨークに本拠を置く保険会社。2006年末において、130以上の国・地域で事業を展開し、約106,000人の従業員を有している。

欧州においてはロンドンのクロイドンに、アジアにおいては中華人民共和国の香港に本拠を置いている。2004年4月8日より2008年9月21日までダウ平均株価の構成銘柄の1つであった。株式はNYSE・東証・アイルランド証券取引所に上場している。

米経済誌フォーブスが2007年3月29日に発表したForbes Global 2000(世界優良企業2000社番付)2007年版では全業種通算で世界第6位に、保険セクターでは第1位にランキングされている。

日本国内での営業
* アリコジャパン
* AIGスター生命保険
* AIGエジソン生命保険
* AIU保険会社
* アメリカンホーム保険会社
* ジェイアイ傷害火災保険(50%出資)
* トランスアトランティック再保険
* AIGインベストメンツ
* AIGシステムズ
* AIGコーポレート・ソリューションズ
タグ:AIG

posted by kei at 06:07 | Comment(2) | TrackBack(1) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月23日

臨床医の派遣は収益事業


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
09_magome_showa_unv_hosp4.jpg
参考 昭和大学病院

昭和大学(東京都品川区)が東京国税局の税務調査を受け、2007年度までの5年間に約9億1000万円の申告漏れを指摘されたことが22日、分かった。臨床医が別の病院に再就職した際に大学側が受け取った金銭を、派遣に伴う収益事業と認定された。

 公益法人に認められる優遇措置により、実質的な課税対象は約4億6200万円となり、追徴税額は約1億500万円。収益事業に関し、約150万円が重加算税対象の所得隠しと認定される見通しという。同大学は既に修正申告に応じている。

 同大や関係者によると、同大学の付属病院などに勤める臨床医が、他の病院に再就職した際、大学側は受け入れ先の病院から寄付金名目で金銭を受け取っていた。

 こうした金は、07年度までの5年間で全国約120の医療施設から計約6億円に上り、同大では非課税対象の寄付金として公益事業に計上していた。これに対し国税局は、受け取った金銭は医師の派遣に伴う対価に当たると指摘、課税対象の収益事業と認定した。 

・コメント
 医療機関の医師不足が叫ばれているなか、寄付金までしてこうした医師の派遣事業が行われている裏側にはこういった事業が関係者に求められていることを示しています。非課税の寄付金名目でというところが問題ですが、根本的な問題の医師の供給不足解消にまで踏み込んでいません。
 
 派遣事業をもつ会社が派遣法の改悪により、廃業に追い込まれているところが沢山あるなか、需要をみたせない官製不況を生み出している現状を国民全体のマイナスと捕らえることはできないのでしょうか。

 現在、医療機関の会計自体が、性善説にたって行われています。保険自体がややこしく会計行為自体がコストやグレーゾーンを発生させる温床になっている現状を変えようとしない今の厚労省の体質に問題があるといってもいいと思います。

 一度ガラス張りの会計にして、今後、本当にやっていけるのかを確認する必要があるのでは無いでしょうか。寄付がなければやっていけないような台所事情なら早急に改善する必要があると思います。
タグ:派遣

posted by kei at 03:32 | Comment(2) | TrackBack(1) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月21日

「後期高齢者医療を見直し」厚労相、年齢区分廃止など検討


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
image01.gif

 舛添厚生労働相は19日、自民党総裁選で選出が確実視される麻生太郎幹事長が、新首相に選ばれれば、75歳以上を対象とした後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に代わる新制度の創設を検討することを明らかにした。

 同日夜、東京都内で記者団に明らかにした。

 舛添氏によると、同日、麻生氏と会談した際、舛添氏から「新政権で今後1年程度かけて新たな制度設計に取り組む」ことを提案し、麻生氏も基本的に賛同した。舛添氏は新制度について、〈1〉加入者を年齢で区分しない〈2〉現役世代と高齢者世代の保険料負担の不公平感を助長しない〈3〉年金からの保険料の天引きは強制しない−−の3原則を柱とすることも提案したという。

 舛添氏は「後期高齢者医療制度はいい制度だが、国民の理解を得られておらず新しい制度を構築する」と述べた。「長期的には、医療と介護保険制度を一元化し、財源には消費税を充てる」との考えも示した。

抜粋 読売新聞

・コメント
 保険自体が複雑では、理解しにくく制度が細分化されれば救済幅は広がりますが、手続きが煩雑になり運営側、利用者双方の負担が大きくなります。

 基本部分における保険はシンプルなものがいいと思います。最低限の保険を用意し皆で負担する形にして、その上の医療負担についてはご自信で加入してくださいといった形で用意する。そうすることで官の負担もへり、民需につながっていくことになります。
 
 相談窓口も民の方に用意させて、個々人に応じて必要な保健を組みたててもらえばいいと思います。年金は何も役人だけがする仕事ではありません。
タグ:保険

posted by kei at 06:30 | Comment(0) | TrackBack(4) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月17日

大手保険AIG格付け、米三大機関が引き下げ


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |


【9月16日 AFP】(写真追加)米三大格付け機関は15日、同保険最大手アメリカン・インターナショナル・グループ(American International Group、AIG)の格付けをそろって引き下げた。

 急拡大する金融危機の中での三大機関による格下げは、AIGにとって命綱を断たれたに等しいと見ることができ、流動性危機への対処に必要な資金調達をいっそう難しくするとみられる。AIGを格下げしたのは、スタンダード・アンド・プアーズ(Standard and Poor’s、S&P)、ムーディーズ(Moody's)、フィッチ・レーティングス(Fitch Ratings)。

 S&Pでは、AIGの長期カウンターパーティ格付けを「AA-」から「A-」へ、短期カウンターパーティ格付けを「A-1+」から「A-2」に引き下げた。また、AIGのムーディーズ格付けは「AA3」から「A2」へ、フィッチ格付けは「AA」から「A」へそれぞれ下がった。

 S&Pのアナリスト、ロドニー・クラーク(Rodney Clark)氏は、AIG格下げの主な理由について「担保積み増しをめぐる柔軟性の低下と、住宅ローン関連の損失増加に対する懸念」を挙げた。(c)AFP



【9月16日 AFP】16日の米株式市場は、米保険最大手アメリカン・インターナショナル・ グループ(American International Group、AIG)の破たん懸念から、取引開始直後から売りが進み、同社株は前日比70%安の1.31ドルまで下落している。AIG株は前日も60%近く下げている。(c)AFP

・コメント
 AIGはご存知でしょうか。たぶんご存知だと思います。あのCMでもおなじみの日本法人アリコジャパンの親会社です。昨日から取り付け騒ぎがおきています。YAHOOでも話題になっています。

 経営難でアクセス殺到 アリコジャパン「支払い心配ない」

20080916-00000005-jct-bus_all-thum-000.jpg

 米保険最大手のAIGに経営危機が表面化し、日本支社の各生保・損保に問い合わせが相次いでいる。アリコジャパンのホームページには、アクセスが殺到し、つながらない状態になった。アリコでは、「日本支社は、支払い余力の基準を満たしており、ご心配には及びません」と説明している。

■「今は、お客さまへの対応で手いっぱい」

 がん保険などで知られ、収入では業界5位になる日本初の外資系生命保険会社のアリコジャパン。そのホームページが、AIG(アメリカン・インターナショナル・グループ)の経営危機が報じられた2008年9月15日ぐらいからつながりにくくなっている。16日午後には、
「アクセスが集中し、サーバにつながりにくい状態となっております」
との表示が表れるようになった。

 経営危機は、米証券大手リーマン・ブラザーズが経営破たんした「流血の日曜日」が引き金になった。同じようにサブプライム問題にかかわっていたAIG が、投資会社との融資交渉に失敗し、米ニューヨーク・タイムズ紙が、格下げされて資本を引き揚げられた場合、2〜3日しか存続できない可能性があるとも報じたのだ。

 AIGでは、FRB(連邦準備制度理事会)に400億ドルものつなぎ融資を要請。しかし、当局は受け付けず、株価は6割も下落して、格付会社が次々に格下げしている。これに対し、グループ会社から200億ドルの融資が可能となり、FRBも金融機関に700〜750億ドルの融資を求めるなど、打開策が模索されている。

 日本支社では、アリコやAIGスター生命保険、AIGエジソン生命保険の生保3社、AIU保険会社、アメリカンホーム保険会社の損保2社がある。外資では、最大級の規模だ。5社を取りまとめているAIGホールディングスの広報室では、J-CASTニュースの取材に対し、保険契約者らから問い合わせが相次いでいることを明らかにした。

「ニュースをご覧になって、『どうなっているんですか』と聞いてこられる場合が多いです。私どもは、『財務内容は基本的に問題ありません』と説明しています。日本の各保険会社が、サブプライム案件の資産運用などに関連していることはないからです」

■破たんでも保護制度の適用
 グループ全体で約2万6000人いる日本での従業員については、広報室では、「会社との話し合いがあるとは、まだ聞いていません。今は、お客さまへの対応で手いっぱいだと思います」と話している。

 日本の保険会社では、契約者保護のため、保険業法に基づいて設立されている生保、損保の契約者保護機構に出資している。AIGグループ各社も例外ではない。

 金融庁保険課によると、保険会社が破たんした場合、この制度により破たん時は保険契約の9割まで保証される。ただ、他の保険会社と再契約した後は、利回りが下がって元金の増やし方が減ることで支払いが9割を下回る可能性はあるという。

 保護制度はあるが、AIG各社は契約者にどのように対応しているのか。アリコジャパンでは、
  「万一、破たんがあったとしても大丈夫なのか」
  「保険金は従来通り支払われるのか」
といった問い合わせがある程度来ているという。これに対し、同社では、
「日本支社の決算を見ましても、支払い余力の基準を満たしており、ご心配には及びません」「もし破たんすることがあっても、保護制度の適用を受けます」
と説明しているとしている。契約者へのきちんとした説明を何らかの形でするため準備しており、できるだけ早くまとまった形でする予定だ。

 一方、収入で業界8位、外資系損害保険会社ではトップのAIU保険会社では、「お問い合わせは、様々な部署で受けており、誠実に対応しています。今後は、その内容を吟味して、どんな媒体でお客さまにきちんと説明したらよいか検討していきたい」と話している。

 保険は安心を売る商売です。実態に伴わない風評被害もあると思いますが誠意ある対応をお願いしたいです。支払い能力に不安な保険会社には、いくら保険料が安くとも加入されません。

参考 AIG
 アメリカンインターナショナルグループはアメリカ合衆国ニューヨークに本拠を置く保険会社。2006年末において、130以上の国・地域で事業を展開し、約106,000人の従業員を有している。

 欧州においてはロンドンのクロイドンに、アジアにおいては中華人民共和国の香港に本拠を置いている。2004年4月8日よりダウ平均株価の構成銘柄の1つである。株式はNYSE・東証・アイルランド証券取引所に上場している。

米経済誌フォーブスが2007年3月29日に発表したForbes Global 2000(世界優良企業2000社番付)2007年版では全業種通算で世界第6位に、保険セクターでは第1位にランキングされている。
タグ:保険

posted by kei at 05:59 | Comment(0) | TrackBack(1) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月15日

コンパニオン、レースクイーン? 日雇い派遣禁止の行方


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
photo144011.jpg

 派遣会社から毎日携帯メールで派遣先を指定され、1日単位の雇用契約で働く「日雇い派遣」。低賃金で危険な業務も伴う日雇い派遣は、格差社会を象徴する“ ワーキングプア”(働く貧困層)の温床と指摘されてきた。その日雇い派遣の原則禁止を掲げた労働者派遣法改正論議が、大詰めを迎えている。厚生労働省は12日、原則禁止の例外扱いとしてソフトウエア開発、通訳・翻訳など18業務を容認する原案を示した。しかし、経営側からは「規制強化」と反発され、労働側からも「規制の尻抜け」と批判される始末で、「一体誰のための規制か」との声も上がっている。

■日雇い派遣がやり玉に
 労働者派遣法の改正論議は、平成17年から厚生労働相の諮問機関である労働政策審議会を舞台に始まった。16年3月施行の改正労働者派遣法の点検がねらいだった。だが、審議の過程で建設・港湾労働など禁止業種への違法派遣や労災隠し、派遣料金の不明朗なピンハネなどの不祥事が次々に表面化。挙げ句の果てには、派遣労働者が東京・秋葉原で無差別大量殺人事件を引き起こし、派遣労働者の厳しい生活環境が事件の背景とまで断罪された。

 中でも日雇い派遣は、安全教育が十分に行われない状況で危険業務に携わる低賃金労働として、世の批判のやり玉に挙がった。格差是正を求める与野党双方の圧力を受けた厚労省は、昨夏から「日雇い派遣禁止」の検討を急いだが、労使双方の意見対立で審議は暗礁に乗り上げた。

 厚労省が示した改正案の骨子は、(1)30日以内の日雇い派遣を原則禁止し、労働者保護に問題がない業務に限って認める(2)登録型派遣は常用化を促進(3)派遣労働者の教育訓練と就業機会確保の努力義務(4)グループ企業への派遣人員の割合を8割以下に規制する(5)派遣労働者に適切な教育訓練を実施する−などだ。

■労使双方から批判
 労働者派遣の雇用問題に取り組むNPO法人(特定非営利活動法人)の「派遣労働ネットワーク」の中野麻美理事長は、「拙速な改正より、議論し直した方がよい」という。「改正案は31日以上の契約ならば日々派遣が可能。日雇い派遣を禁止したことにならない」(中野理事長)と憤る。

 改正案は、派遣元が31日以上の雇用契約を派遣労働者と締結し、日々異なる派遣先への派遣が可能な“尻抜け規制”というわけだ。派遣社員の労働組合である派遣ユニオンの関根秀一郎書記長も「派遣労働者保護につながらない“名ばかり改正”」とあきれる。

 一方で、経営側にも強い不満がある。

 経済同友会は「日雇い派遣禁止で雇用機会が失われる人が出る。規制は安全衛生教育強化や危険が伴う業務に限定すべきだ」と規制強化だと主張する。低所得で不安定な雇用形態の改善には、「常用雇用への転換を助ける公的制度導入や、失業保険や健康保険などセーフティネットを日雇い派遣労働者が利用できるようにすることで解決できる」とし、日雇い派遣の禁止では真の問題の解決ではないというわけだ。

 日雇い派遣の利用機会が多い中小企業の全国団体である全国中小企業団体中央会は、会員団体のヒアリング調査を実施した。その結果、製造業では電子機器、製本が、サービス業では引っ越しなど運輸、倉庫、ディスプレー、イベント業の利用が多く、日雇い派遣需要が定着している実態が浮かび上がった。「日雇い派遣禁止するなら、日雇い派遣に代わる仕組みを作って欲しい」(市川隆治専務理事)というのも当然だ。

■レースクイーンはダメ?
 日本商工会議所の佐藤健志・産業政策部副部長は、「全ての日雇い派遣を認めて欲しいという意味ではない」としながら、「30日以内の派遣契約も禁止になれば、例えば理容師・美容師、福祉・医療サービスや運輸業、倉庫業、製造業、農業・水産加工業など広範な業種に影響が出る」と指摘する。


 日雇い派遣を法で禁止しても、現に仕事のニーズがある以上、根絶できるはずもない。厚労省が昨年6〜7月に実施した日雇い派遣労働者へのアンケート調査でも、45・7%が「現在のままが良い」と回答している。日雇い派遣の全面禁止は、こうした労働者の就業機会の減少につながるのは明白で、こうした人への救済措置が不可欠となる。

 結局、経営側から要望が強かった引っ越し業や倉庫内軽作業などは、日雇い派遣が認められなかった。さらに、大まかな業種で線引きしても、具体的な仕事内容で認められるかどうかの判断も難しいのだ。
 例えば、博覧会場の「受付・案内」は日雇い派遣が認められたが、企業の展示イベントなどにつきものの「コンパニオン」は「業務内容次第で微妙」(厚労省)とされ、モータースポーツ会場では不可欠な存在の「レースクイーン」も認められない可能性が高いという。ただ、「開催時期が早くから分かっているはずで、派遣でなく直接雇用で十分対応できる業務では」との見方もあり、レースやイベントの華が全てなくなるわけではなさそうだ。

■新たな官製不況か
 いずれにしろ、派遣業者は「法律が改正されたら、その法律にのっとてビジネスを展開するだけ」(増山浩史フジスタッフホールディングス社長)と静観する構えだ。コンプライアンス(法令順守)の欠如で社会的な指弾を浴びたグッドウィルグループなどとは一線を画し、派遣業界のイメージアップに神経をとがらせているのだ。

 とはいえ、拙速とも言える規制の強化は、対応の不十分な企業からみれば、想定外のコスト増となって業績を悪化させる新たな「官製不況」との恨み節も聞かれる。解散・総選挙が既定路線となった今、その後の政治情勢も不透明で、厚労省が描いた臨時国会での派遣法改正は微妙な状況だ。

抜粋 産経新聞

・コメント
 間違いなく官製不況となる派遣禁止法です。そもそも、日雇いは資本主義導入時コストカットの手法として必ず存在していました。もし日雇いが無ければ会社は相応の負担を強いられ、間違いなく経営に行き詰まります。

 大企業であるならば資本に体力があるため、少々運営コストが嵩む程度で済みますが、以後ダメージはボディーブローのように聞いてくると思います。中小企業ならなおさらです。死活問題に関わってきます。

 忙しい時期と暇な時期の調整は、経済学者でも予想が難しいのですから忙しい次期に調整していたらコスト高、暇な時期に調整していたら逸失利益という選択を強いられるわけで、効率的な会社運営など到底できません。

 調整弁としての日雇い労働は規制しても闇に潜るだけで、消費者金融のグレーゾーン金利と同様になるのは必至です。消費者=被害者ではありません。経営者が居なくなってしまっては法人税も失われ、首が回らなくなるのは国のほうなのです。

 確かに、日雇いを続ける人の雇用不安はありますが、そもそも日雇いの性質を理解して利用している人と、他に仕事に就けなくて賃金を稼ぐために続けている人を同等に扱っている時点でこの法案は誤りです。

 仕事に就けない人は、究極的には何らかの技能を修得していないか、社会的に向いていないかのどちらかです。ここを改善していくことは、個人によるところが大きいですが、国が環境整備してサポートしていく部分でもあると思います。

 結局、派遣労働者の現状はなんら変わっていませんし、むしろ闇に潜り悪化しているようにも見えます。見せしめのグッドウィルの営業停止は何の意味も持たない、誰も救っていない政策だったことは明白です。

 では、どうすればよかったのか。チェック体制を強化し指導するのは当然ですが、問題の本質である人材の劣化を防止するより大きな枠で考える必要があったのではと考えます。

参考 ワーキングプア
 正社員並みに、あるいは正社員としてフルタイムで働いても、ギリギリの生活さえ維持が困難、もしくは生活保護の水準以下の収入しか得られない就労者の社会層のことである。直訳では「働く貧者」だが、働く貧困層と解釈される。

これまでに見られた典型的な失業者をはじめとする貧困層とは異なり、先進国で見られる新しい種類の貧困として近年問題視されている。

1997年以降、とくに橋本龍太郎内閣以降一貫して進められた構造改革による自由化・規制緩和・海外依存化の流れの中で、労働者の就業形態が多様化したが、企業の人件費削減の中で非正規雇用が増えた。そうした流れの中で、同時期の長期不況に社会に出た「就職氷河期」の世代は正規の職を得ることができず、フリーターのような不安定な形で職に就くことが少なくなかった。

ワーキングプアは日本だけの問題ではなく、先進国でも既に同様の問題が引き起こされている。

韓国では派遣社員(非正社員)の増加を規制する法案を成立させている。しかし、企業側にとっての抜け道と不備がある法案で、実質的には全く役にたっていない。

アメリカでは州立大学に企業の講師を招き、最先端バイオテクノロジーに関する授業料を格安で低所得者に学ばせ、地域の安定した労働者に育て上げる取り組みがなされている。

イギリスでは若者に職業訓練を受けさせ、その期間中は生活費を支払い、就職できるまで見守る取り組みが国を挙げてなされている。

日本ではワーキングプアに陥りやすい母子家庭の自立支援策として高等技能訓練促進費(養成期間の後半三分の一に一定額の給付を行う)という資格補助制度が導入されている。しかし、実態に即していない等の批判があり、予算の執行割合も低い。
タグ:派遣

posted by kei at 20:48 | Comment(2) | TrackBack(0) | 社会保障 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月14日

iPS細胞で 京大国内特許 4遺伝子使う製法 海外取得に弾み


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
feature-02.jpg
抜粋 FUTURE

 京都大は11日、山中伸弥教授が樹立したiPS(人工多能性幹)細胞の基盤技術について、国内特許の成立が決まった、と発表した。iPS細胞関連の特許取得は、世界初といい、米国など海外の20数カ国でも特許成立を目指す。
 特許として成立したのは、体細胞に4つの遺伝子を導入する基本的な作製法で、人も含めて4遺伝子で作製したすべての種類のiPS細胞に権利が及ぶ。
 iPS細胞をめぐっては、京大より先にバイエル薬品(大阪市)が人のiPS細胞を作製した可能性があり、特許の行方が注目されていた。京大は2006年12月に作製技術を包括的にまとめて国際出願したが、早期成立のため今年5月に主要技術を分割して出願し、特許を押さえた。
 松本紘副学長は「企業が特許を押さえ、国民が高い治療費を払わされることがないよう、今後も大学として知的財産の獲得に力を入れたい」と話した。
 他国での特許所得も京大が一歩リードした状況だが、特許のとらえ方は各国で違い、遺伝子を減らしたり、化学物質を用いる手法にも特許が認められる可能性がある。京大の基本技術にどこまで権利が認められるかは流動的で研究だけでなく特許をめぐっても世界で競争が激化しそうだ。
 ■実用化加速へ
 京都大iPS細胞研究センターの山中伸弥センター長の話 今回は第一歩で、細胞のメカニズムの解明や創薬への活用、細胞治療の実現化に向けた研究に全力投球し、関連の知的財産を積み重ねて実用化や治療応用の加速化に結びつけたい。

抜粋 京都新聞

・コメント
 いままでの医療を覆す再生医療です。体のスペアを取り替えるといったすごい発想で様々な課題を乗り越えてきています。もと医療関係者として早く実現して欲しいです。

 現在、病気や怪我で苦しんでいる人たちを少しでも救うことができるならそれは、立派な社会貢献だと思います。この技術を追求することは各人おのおのの人生をそして社会をよりよいものにしていくことに他なりません。
タグ:再生医療

posted by kei at 05:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 医療 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月12日

病院や福祉施設「給食」にも汚染米、近畿の119か所納入


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
OSK200809080060.jpg

 米穀加工販売会社「三笠フーズ」(大阪市北区)が汚染された工業用の「事故米」を食用と偽り転売していた問題で、同社が出荷した、有機リン系殺虫剤「メタミドホス」に汚染された中国産もち米704キロが、給食大手「日清医療食品」(東京都)を通じて大阪、京都など近畿2府4県の病院や高齢者福祉施設、保育所計119か所に「給食用」として納入され、一部がおこわやもちなどとして提供されていたことが11日、わかった。

 健康被害は確認されていない。農林水産省などはさらに、流通先の特定を急いでいる。

 日清医療食品によると、問題のもち米は、同社近畿支店が今年5〜9月に、堺市内の食品卸会社を介して「もち米」として仕入れ、給食サービスの業務委託を受けている6府県の病院・高齢者福祉施設など計119か所に食材として納入した。うち1か所は保育所だった。今月8日になって、堺市の食品卸会社から「三笠フーズが出荷した汚染米が混入していた」と連絡があったという。

 日清医療食品によると、納入状況の内訳は▽大阪府48か所▽京都府26か所▽兵庫県24か所▽滋賀県10か所▽奈良県8か所▽和歌山県3か所。納入先には、在庫のもち米を使用しないよう連絡、回収を進めているが、大部分は消費されたとみられる。」

抜粋 YOMIURIONLINE

・コメント
 事故米による被害が拡大しています。関係者は自社の利益のみを考え社会に害をもたらしました。そもそも企業自体は社会を豊かにするために存在しているはずです。

 こういった企業が存在することは倫理以前にチェック体制に問題があったといっても過言ではありません。農林水産省にも責任があるといえます。

 権利と自由を履き違えた教育の影響もあり自分のことばかり考える人が増えてきている最近のご時勢ですから、このような問題が増えてきているのも納得できなくもありません。

 みながみなのことを考え、コンプライアンスなどという形だけのものではなく、自主規制を自ら行うような社会にしていきたいですね。

参考 三笠フーズ
 1977年に現在の冬木三男社長が設立。大阪市北区に本社を置き、米穀類の製粉や加工、販売を主な業務とする。事故米を食用に転用した九州工場(福岡県筑前町)のほか豊中工場(大阪府豊中市)を所有し、九州で精米、穀粉を、豊中で炊飯・加工調理を分担している。米穀卸売会社「辰之巳」(東京都中央区)とグループ経営をしており、醸造メーカーやすし店チェーン、機内食会社などが主な販売先。社員は約30人。07年4月期の売り上げは約18億円。

posted by kei at 04:54 | Comment(0) | TrackBack(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月09日

自己負担上限の不都合解消 後期高齢者医療保険で与党


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
top_photo.gif

 自民、公明両党は8日、後期高齢者医療制度で毎月の医療費の自己負担を一定限度に抑えている「高額療養費」の仕組みについて、75歳に到達した月に限り負担上限が2倍になる不都合を、来年1月から解消するよう見直す方針を決めた。

 現在、患者は75歳の誕生日に国民健康保険などの制度から新たな高齢者医療制度に移行するが、その月は以前の制度と新制度とで別々に限度額が適用される。このため一般的な所得の人の場合、自己負担上限は月4万4400円(入院時)だが、制度ごとに限度額が計算されると8万8800円が上限となっていた。

抜粋 MSNSANKEINEWS

・コメント
 保険制度の複雑さで問題視されている後期高齢者医療制度ですが、政府は、目先のお金の調整ばかりのお話をしているようで疑いはまだまだ晴れていません。

 説明責任は、複雑であるが故に発生するのであってこのような複雑な制度が一般に受け入れられるわけがありません。保険制度を使うなといっているようなものです。

 収支を一致させるのが保険であり、納入額が支出額を上回るなら破綻するのは当たり前です。やりくりしようとするのはいいですが、余計に管理コストが上がっているのが現状です。複雑な制度を、納入部分だけ簡素化したものだから反発がでているのです。

 ペーパーでのやりとりがメインの官僚では、温かみのある保険業務はなじみません。小細工ではなく一旦、アウトソーシングしてみてはいかがでしょうか。利益を追求しない形は無駄が出ることは必至です。

参考 後期高齢者医療制度
 日本の高齢者医療は、これまで1983年に施行された「老人保健法」に基づいて実施されて来ており、その財源は国・都道府県・市町村の負担金及び健康保険等(政府管掌保険、共済組合、健康保険組合、国民健康保険等)の拠出金で賄われて来た。

 高齢化の進展等による財政負担の増加に対応するため、これまで被保険者の年齢や窓口負担等の引き上げ等を行うなど制度改正を行ってきたが、高齢者医療費がなおも増え続ける状況にあって、財政負担を抑制することがこの制度が創設された主な目的だという見方もされる。ただし政府は「財政的な配慮が先行しているのではなく、後期高齢者の健康状態、ケアのあり方が前提である」としている。

 これまでの制度と大きく異なる点としては、「老人保健法」による老人医療制度では他の健康保険等の被保険者資格を有したまま老人医療を適用していたのに対し、後期高齢者医療制度では適用年齢(75歳以上)になると、現在加入している国保や健保を脱退させられ、後期高齢者だけの独立した保険に組み入れられるという点や(従来は被保険者証が2枚あったが、1枚になる)徴収方法が年金からの天引きが基本となっていることである。

また、医療内容も一つの病名によって1か月の医療費が決められる「包括制」になることや新たに設けられた診療報酬などがある。

・保険者
 都道府県を単位とする広域連合(後期高齢者医療広域連合)が保険者となる。いわゆる「委譲事務」ではないため、政令指定都市も独立した運営ではなく、その市がある都道府県の広域連合に参加する。

・被保険者
* 広域連合の区域内に住所を有する75歳以上の高齢者。
* 65歳以上で広域連合から障害認定を受けた者。

・運営財源
医療給付費の5割を公費で、4割を現役世代の加入する医療保険で負担し、残りの1割(現役並み所得者は3割)を高齢者の保険料で負担するように設定されている。

・保険料額
被保険者である後期高齢者の保険料は、後期高齢者医療保険広域連合毎に額が設定され、賦課される(ただし、広域連合内の構成市町村で高齢者にかかる医療費に大きな開きがある場合などは構成市町村単位で不均一な保険料を設定することもできる)。これまでは加入する制度や市区町村によって保険料額に違いがあったが、この制度では同じ都道府県で同じ所得であれば原則として同じ保険料になる。
賦課額は、応益負担(加入者全員が等しく負担する)である「均等割」と応能負担(所得に応じて負担する)「所得割」の2種類で構成されている。

・徴収方法
保険料の徴収方法は特別徴収(年金からの天引き)が原則。ただし、年金額が年額18万円(月1万5千円)未満の者と介護保険料と合わせた額が年金額の2分の1を超える者は金融機関の窓口などで支払う。これらは介護保険における保険料の仕組みを踏襲している。特別徴収は介護保険の特別徴収対象者であることが必要である。

参考 厚生労働省
タグ:保険

posted by kei at 05:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月04日

政管健保、来年度料率上げ


| このエントリーを含むはてなブックマーク この記事を livedoor クリップに登録 この記事のlivedoorクリップ数 Yahoo!ブックマークに登録 人が登録 |
 厚生労働省は3日、中小企業サラリーマンらが加入する政府管掌健康保険(政管健保)の2009年度の保険料率(医療分)について、現行の8・2%を0・1〜0・3ポイント引き上げ、8・3〜8・5%とする必要があるとの見通しを明らかにした。

 保険料率は2003年度から据え置かれたままだったが、医療給付費や高齢者医療への拠出金の増加が影響した。

 同省によると、政管健保の09年度の支出は、医療費や高齢者医療への拠出金などを含め、前年度比2・3%増の7兆5900億円となる見込み。これを賄うには、国庫補助(9700億円)などに加え、積立金にあたる「事業運営安定資金」1800億円をすべて取り崩しても、保険料収入として6兆3900億円が必要。

 保険料を確保するためには、従業員の給与水準が現状のままと仮定した場合、保険料率を8・3%にする必要があると試算。さらに、積立金に手を付けないケースでは引き上げ幅が拡大し、保険料率は8・5%になる。

 政管健保は10月に公法人「全国健康保険協会」が運営を引き継ぎ、これまでは全国一律だった保険料率を、同協会が各都道府県ごとに設定するため、今回の数値は全国平均の見通しとなる。

 政管健保の保険料率は、03年度に保険料をボーナスからも徴収する総報酬制の導入に合わせて、8・5%から8・2%に引き下げられた。黒字が続いたが、07年度決算では1390億円の赤字に転落。今年度も1900億円の赤字の見通し。

 今春に始まった高齢者医療への財政支援を巡っては、大手企業の健康保険組合も負担増に苦しんでいる。「西濃運輸健保組合」が8月、前期高齢者への納付金により、保険料率アップが避けられないとして、解散して政管健保に移行することを決めた。しかし、政管健保も今後の保険料率アップは避けられない見通しで、現役世代が高齢者医療を支える仕組み自体が問われそうだ。

抜粋 YAHOONEWS

・コメント
 保険制度の歪みが、迫ってきています。現役世代の高齢者負担がますます大きくなり、保険料がアップしています。自分が利用する額よりも大きい負担を強いられるなら保険には加入しないといった判断をする人が増えてくればますます保険の意味が薄れてきます。

 こういったことは年金にもいえますが、制度自体が破綻に向かっているときは早期に制度の変更を行わないと手がつけられなくなります。見直しは保険の運用コストの削減、保険加入者の獲得、保険使用者の適切な使用監査です。

 運用コストの削減と保険加入者の獲得、保険使用者の適切な使用監査は相反しますが、ここを組合の努力で補うしかないのです。果たして、財源が足りないという前に、この政府管掌健康保険は努力しているでしょうか。涼しい職場で紙のやりとりだけしかしていないなら破綻しても当然です。

・参考 政府管掌健康保険

健康保険組合を持たない企業の従業員で構成される。現在は社会保険庁が運営しているが、平成20年10月からは全国健康保険協会に移管され、「全国健康保険協会管掌健康保険」(愛称「協会けんぽ」)に変更される。
タグ:保険

posted by kei at 06:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 保険 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
  • seo

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。